スピークバディ新AI機能レビュー

こんにちは、先日受けたTOEICのスピーキングテストで思いの外緊張してしまい、
思うような結果を出せなかった津田塾大学2年インターン生の渋谷です。

限られた時間の中で効率的に英語のスピーキングスコアを伸ばすにはどのように勉強したらいいのでしょうか。スキマ時間を使って飽きずに続けられるアプリはないか早速調べてみました。

今回は、英会話スピーキングアプリ「SpeakBuddy」より、「AI英会話」を実践レビューをしていきます。

1.導入-英会話スピーキングアプリSpeakBuddy(スピークバディ)ってなに?

SpeakBuddy(スピークバディ)人ではなくAIのキャラクターと対話する新しい英会話サービス。

独自開発のAIによる英語スピーキングテストの結果を元に、個人にあったカリキュラムを作成し、ユーザーの好きな時間帯に学習できる英会話アプリです。1レッスン15分で、ビジネスシーンから海外旅行、買い物、会議といった様々なシチュエーション別の学習が可能です。

SpeakBuddyはインプットからアウトプットまで段階的に学習できる5つの学習モード*を開発しています。

*1. 単熟語テスト:会話前に単熟語を予習
2. リスニング:ストーリーの流れを理解
3. 会話:流暢に話す練習と発音強化
4. 英作文:キーフレーズを使って構文
5. 応用練習:キーフレーズを他文脈で応用

2.SpeakBuddy(スピークバディ)新機能「AI英会話」試してみた。

それでは早速リリースされた新機能「AI英会話」を試してみましょう。AI英会話では各レッスン毎に新しいテーマが設定されています。(ビジネスシーン、日常会話など)

私はコンテンツページでトップに表示されるAI英会話より「挨拶・自己紹介」を選んでみました。
※今回はiPhone版のキャプチャ画像を使用しています。

レッスンに含まれている「会話」・「英作文」・「応用問題」の3つが学習済みになっている状態から初めて「AI英会話」を体験できるため、無理なく段階的に学習を進めることが可能です。 

3.体験するAI英会話「挨拶・自己紹介」-英会話入門編-

今回のテーマは友人アシュリー(AIキャラクター)に、
好きな果物・動物・季節を尋ねるというものです。

5つの学習モードで使用したキーフレーズ ”What is your~?”(あなたの〜は何ですか)
を用いて、アシュリーに聞きたい質問を自由に考えてみます。

 

実際にマイクボタンを押して音声を吹き込んでみると、アシュリーが瞬時に音声を聞き取ってくれました。

(会話1回目)     (会話1回目リプライ)

 

会話はユーザーとアシュリーが交互に質問をするという対話式になっているのでテンポ良く進めることができました。

(会話2回目とリプライ)

4.AI英会話モード体験終了….結果発表!

AI英会話モードが終了し結果を見てみます….無事合格していました!キラキラした紙ふぶきが降ってきて星3つの評価も満点を貰えたのは嬉しいです。

学習した内容は全てタイムラインにて音声・テキストと共に振り返ることが可能です。
(画面右上ボタンをタップする、または学習終了後にタイムラインが表示されます。)

また、SpeakBuddyのレッスンは全て復習してプレイすることができるので私もリトライしてみました。2回目は好きな動物の名前を変えて質問に答えてみました。(”Hippopotamus”=カバ)こちらも一発で音声認識できています。

 

5.まとめ

いかがだったでしょうか?今回は、英会話スピーキングアプリ「SpeakBuddy」より、「AI英会話」を実践レビューしました。

相手が人ではないので緊張せず何回でも話しかけることができるのは、ストレスフリーですし、何より音声認識の精度が高い印象でした。

SpeakBuddyは「AI英会話」のほか、多数の新機能を用意しています。皆さまもぜひ試してみてください。

ダウンロードはこちらからできます。(対応OS:Android5.0以降/iOS10.0以降)

※ 「実践会話機能」はiOS版でのみプレイできる機能になります。

#SpeakBuddy #英会話 #英語 #英語アプリ #スピークバディ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でAISpeakBuddyをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

SpeakBuddy編集部

ご覧いただきありがとうございます。英会話アプリ「SpeakBuddy」の情報を発信していきます。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。