スピーキング力断然アップ!英会話スマホアプリ「スピークバディ」の新機能英作文モードはスゴイぜ!

SpeakBuddyスピークバディ新機能英作文モード
遠巻きに英会話を眺める自分からグッドバイしよう

言いたいことを言える英語力を身につけるために必要なこと

外国人と英会話を話している時、自分の言いたいことを存分に英語で話すことができず、「ぐぐぐ・・・」と悔しい気持ちになることないですか?

私なんか未だにそんな感じです。

TOEICスコアも800を越え、随分と英語の文章も読めるようになったし、外国人とテキストチャットでやり取りするのにも慣れてきました。

でも、会話になると「・・・」という沈黙や、「う〜あ〜」など訳の分からない単語が多く出てしまっています。

それで、後になって、「あ〜、あの時はこう言えば良かったんだ!」なんて回想する始末。。。

英会話は一発勝負。その時に言いたいことを伝えなければ、先はありません。そのためには如何に自分の中に英語フレーズをストックしておくかがポイントになります。

こういったシチュエーションではこう言えば良いという英語フレーズをどれだけ自分が身につけているかなんですよね。特に、ビジネスシーンでは定型文かよっ!とツッコミを入れたくなるほど使える英語フレーズが沢山存在しています。

ということで、そんな自分の言いたいことを英語で言えなくて困っている私(人たち)のための機能「英作文モード」が新たにスピークバディに追加されました。早速、ご紹介していきたいと思います。

スピークバディの新機能「英作文モード」ってなによ?

英作文モードはこれまでの単語学習、リスニング、会話モードに追加された新機能です。

SpeakBuddyスピークバディ英作文モード
従来の単語学習、リスニング、会話に加え新たに英作文モードが追加されました

いきなり英作文モードを押しても、実はすぐには出来ない仕様になっています。会話モードで一通りのレッスンをこなして初めてできる機能なのです。はやる気持ちを抑えて、会話モードから進めましょう。

SpeakBuddyスピークバディ 英作文モード
会話モードのレッスンが終了しないと英作文モードには入れないこだわりの仕様

会話モードで一通りの英会話の流れをつかんだら、英作文モードに進みましょう。

正直、これまでのスピークバディアプリでも十分すぎるほど、英会話のトレーニングができる仕様でした。でも、英作文モードは一味違います。会話モードで表示されていた「自分が話す英会話文」が表示されていません。

今回の新機能でポイントとなるのは「キーフレーズ」です。

キーフレーズとは、実際の会話のシチュエーションで使われる際に必要な英語フレーズのこと。

例えば、初めて出会った人との会話で「あなたと働けるのを楽しみにしています」と言いたいとします。この場合、あなたならどんな英語フレーズで会話を進めますか?

答えは「look forward to〜」というキーフレーズになります。

そう、このキーフレーズを使って、自分の頭の中で言いたい文章を組み立てて、自らの口で発音するのです。

ええと、言いたいことは「あなたと働けるのを楽しみにしています」なので、

キーフレーズ「look forward to〜」を使えばいいんだな、とすると、

I’m looking forward to working with you.」ドヤッ!!

という流れになるわけですね。

SpeakBuddyスピークバディ英作文モード

英作文モードも基本的な使い方は会話モードと同じです。マイクボタンをタップして、マイクに向かって英語の発音を行いましょう。すると、自分の英語発音を音声認識エンジンが判断してくれて、文章で表示してくれます。
上記画像は上手く話せたバージョンですが、上手く話せなかったりすると、下記画像のような悲しい結果になります。「Nice Try」と表示されました。ありがとう、スピークバディーはどこまでも優しいよね。

SpeakBuddyスピークバディアプリ 英作文モード
forwardが上手く発音できず、for wifeになってしまいました…Nice Try!!

英会話のキーフレーズをストックしていくことで、自分の英会話の幅が広がる

このように、自分が会話する内容をキーフレーズを元にして瞬時に組み立てて英語で発音すること。これを英作文モードで徹底的に鍛えることができます。

今回はビジネス英会話の初級1の最初に出てくる「出会う」のシーンで試してみましたが、これが上級レベルの「買収額の決定」や「買収額の交渉」というシチュエーションになると、文章も長くなり、よりレベルの高い英語の瞬発力が必要とされてきます。

come up with〜というキーフレーズで英会話を組み立てましょう
こちらはWe want you find a way to〜というキーフレーズを使ったもの

これまでの会話モードでは、表示される英文をマイクに向かって話すことがメインでしたが、英作文モードを使うことで、英語で文章を組み立てる力とともに、瞬発力を鍛えるトレーニングができるようになりました。

個人的には英作文モード最強かよ。と思います。

あなたも英語の瞬発力を高め、キーフレーズをより多くストックできる英作文モード、ぜひ使ってみてくださいね。

SpeakBuddyスピークバディアプリはここから無料ダウンロードできますっ!

おすすめ関連記事も読んでねっ!>>>

音声認識AI英会話アプリSpeakBuddy(スピークバディ)を改めてオススメする理由は

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でAISpeakBuddyをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

shogo

帰国子女にして苦手な科目が英語。外資系企業での英語受難を耐え忍び、自ら英会話コンテンツをプロデュースし、アプリをリリースした経験を持ちます。自称、英語ができない人の気持ちが一番分かってるリアル英語学習者。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。