【英会話瞬発力アップ!】もっとスラスラと英語を口から出すために必要な3ステップ

英語をスラスラと口に出す方法 SpeakBuddyスピークバディ
言いたいことも言えないこんな英語力じゃ・・・

なぜあなたの口からは英語がスラスラと出てこないのか?

グローバル化+高齢化まっしぐらの日本では、外国語人材の獲得が待ったなしで進んでいます。さらに盛り上がりを見せるインバウンドでは観光客向けのコンテンツ充実が必須になっています。
この流れは私たちにも容赦なく浸透してきています。
海外との取引が増えた、外国人が上司になった、同僚に英語ができるヤツが増えたなど、じわじわと我々のような英語難民は肩身が狭くなるのを感じませんか?

街中で道を聞かれることも多くなりましたし、会議の場で英語での発言を促される場も増えました。
そんな時、あなたはスラスラと自分の言いたいことをズバッ!!と英語で言うことができていますか?

なんとなく相手の言っていることは理解できている、

でも、、、自分の言いたいことを英語でスムーズに伝えることができない。

これまで通りの英語学習を行っている人は、こんな思いをすることが多いのではないでしょうか?

それには主に2つの理由があります。

理由1:インプット重視の偏った英語学習を行っている

英語学習は大きく分けると2通りの方法があるのをご存知でしょうか?

それはインプットアウトプットです。

インプットとはリスニングやリーディングのこと。
英語音声を耳で聞いたり、英語の文章を読むことを意味します。

逆にアウトプットとはスピーキングやライティングのこと。
自分で口に出して英語を話すことや、文章を組み立てて英語を作ることですね。

英語初心者の方が行いやすい英語学習として、聞くだけで英語が話せるようになる英語教材や、英語記事などを中心としたリーディングをアプリで行うことが多いのではないでしょうか?

残念なことにインプット重視の英語学習だけではスピーキング能力が上がることはありません

もし、リスニング力が伸びたとして、相手の言っていることが分かっても、それと英語で自分の言いたいことが言えるスキルは実は別なのです。

理由2:TOEICスコアを上げることを目的とした英語学習を行っている

もう一つの理由として、TOEICスコアアップを目的とした英語学習に偏っていることが挙げられます。
私の周りにもいますが、TOEICスコアは高いのに、いざ外国人を目の前にすると、オドオドしていまい、フリーズしてしまう方のなんて多いこと。
そう、悲しい現実ですがTOEICスコアが高いからといって、英語が流暢に話せる訳ではないのです。

これは一体なぜなんでしょう?

それはTOEICテストの中身を見れば一目瞭然です。実はTOEICテストは主にインプット中心の英語学習内容なのです。
リスニング力、英単語・英文法などの知識、長文読解などのリーディング力などのインプット中心の英語スキルが必要とされており、アウトプットスキルはほとんど必要とされていません。
これではTOEICの勉強ばかりしていては口から英語が出てこないのも無理はありませんよね。

じゃあ、一体どうすればいいの?
これまでの英語学習は全くの無駄だったの?

そう感じる方も多いでしょう。

安心してください。

せっかく身につけた英語スキル、無駄にしたくないですよね。
これまでの英語学習を無駄にすることなく、スラスラと英語が口から出てくるトレーニングを行うことは、実は可能なんです。

英会話はキャッチボール=瞬発力を上げるトレーニングが必要

日本語でもそうですが、会話に必要なのはキャチボールのようにポンポンと次から次にボールを返すことですよね。日本人は日本語が母国語ですから、何も考えずに自分の言いたいことを瞬時に組み立てて意思表示を行うことができます。

でも、英語になった途端にそのキャチボールができなくなります。それは、これまでのインプット中心の英語学習方法が原因の一つです。
当然といえば、当然ですよね。これまでリーディングやリスニングしか行っていなかったのに、突然英語が口からスラスラと出てくることは、とてもじゃないけど考えられません。

英語ネイティブやバイリンガルのように何も考えずに英語が口からスラスラと出てくるまでは難しいとしても、トレーニング次第でスムーズに英語を話すことができるようになります。

それは、英語の瞬発力を上げるトレーニングを行うことです。

瞬発力とは、自分の言いたいことを瞬時に頭の中で組み立てて、それを英語として発話することを意味しています。

みなさん、一番簡単な英語を思い出してみましょう。

「こんにちは」や「ありがとう」ってすぐに英語で言えますか?

こらこら、それぐらい誰でも言えるよ!!と思いますよね。

でも、これって何故でしょうか?

「こんにちは」は「hello」として頭の中で認識し、これまでに何度も口から発している言葉ですよね。

では、「初めまして」はどうでしょう?

これぐらいでも言えそうですよね。

これも、初めて会う人に使う言葉は「nice to meet you.」だと無意識レベルで口が覚えているからですよね。

そう、瞬発力とはいかに口がそれを覚えていて、自分のものにしているかが問われることなのです。
同じことが他の英語を使うシチュエーションでも言えるのです。

英語の瞬発力とは、自分が遭遇するであろうシチュエーションで使える英語をどれだけ口が覚えているかに懸かっています。

ステップ1.まず相手の言っていることを瞬時に理解する力を身につける

英語の会話で必要なのは相手の言っていることを瞬時に理解して、自分の言いたいことをスムーズに伝えるスキルです。
まず、相手の言っていることが理解できなければ、自分の意見を考えて発することもできません。

でも、英会話で相手の言っていることを一字一句聞き逃さずに全てを理解することはとても難しいですよね。

その場合は、自分の分かる英単語から推測しながら文章を理解していくことをお勧めします。

何をテーマにして話しているのか、相手の意見が肯定なのか否定なのか、自分に質問されているのか、それとも自分の意見を述べているのか等々ですよね。

まずは、簡単な英単語からでも大丈夫です。自分の理解できる範囲でリスニングを行いながら、会話の流れを推測して受け答えができるトレーニングを行いましょう。

これは、これまでインプット中心の英語学習を行ってきた我々には直ぐにでもできることではないでしょうか?

ステップ2.自分の言いたいことを瞬時に組み立てる力を身につける

次に必要なのは英語のアウトプットスキルです。
スピーキング力をアップさせるのに必要なのはたった一つ。
そう、口からどんどん英語を発話することです。

先に書いた通り、「こんにちは」は「hello」と口が覚えていますよね。
ハローと発音するのに、口が躊躇することはないと思います。
これと同じで、様々なシチュエーションに必要な英語フレーズをどんどん口に出してアウトプットしていくことが必要なのです。

例えば、「あなたと働けるのを楽しみにしています」って英語で何て言うでしょうか?

瞬時に「look forward to〜(〜を楽しみに待つ)」というキーフレーズを思い出せますでしょうか?

これが出てくれば、あとは英文を組み立てるだけなんです。

I’m looking forward to working with you.

キーフレーズを使って英文を組み立てることができれば、こう言った英文を瞬時に口に出すことができます。

英語で会話を展開していく上で、自分の使えるキーフレーズをドンドン増やしていくことで、会話をこれまで以上にスムーズに行うことが可能になります。

上記の例で言うと、look forward to〜というキーフレーズを知らないと、英文を組み立てるのがとても困難になりますよね。
キーフレーズを如何に自分の中にストックしておくか、そしてそれを口に出してスラスラと言えるまでトレーニングしていくことで、あなたの英会話スキルがアップしていくことを感じることでしょう。

ステップ3.使える英会話キーフレーズをドンドン身につける

何か技術を身につけようと思った時、いきなり上級レベルから始める人は稀だと思います。それで身につくのはきっと一握りの天才だけなのではないでしょうか?

一般的には、まず模倣からスタートしますよね。
絵描きでも、プログラミングでも、最初はモノマネからスタートします。エンジニアを目指す人なら既にあるコードを書いて、実際に動かしてみることから始めます。それから自分のやりたいコードを書いて、失敗して、見直す。これを繰り返すことで使えるコードの幅も広がり、プログラミング技術が自分のモノになっていきます。

実は英語もまったく同じなのです。

まずは、見本の英会話をたくさんマネして、口から出すこと=スピーキングを行いましょう。

自己紹介、プレゼン、会議、電話、プロジェクトの説明など、いろんなシチュエーションで使えるキーフレーズがたくさんあります。
如何にそれらのキーフレーズを自分の中にストックして、いざシチュエーションに出くわした際に口からスムーズにスピーキングすることができるかがポイントです。

たくさんマネして、たくさんスピーキングしましょう。helloのように口が覚えてしまえば、もうその英会話フレーズはあなたのものになっているはずです。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

普段、英会話を口に出す機会がない方もたくさんいらっしゃると思いますが、英会話アプリを使えば、いつでも・どこでも英会話レッスンを行うことは可能です。
朝起きた時やちょっとした隙間時間、寝る前の10分程度でも継続して行うことで、英語力は格段にアップさせることが可能です。
ぜひ、口が自然に覚えるぐらいまでキーフレーズを口に出して、英語を自分のモノにしていってくださいね。

 

オススメ関連記事も読んでねっ!>>>

英語力アップ!英会話スマホアプリ「スピークバディ」の新機能英作文モードはスゴイぜ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でAISpeakBuddyをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

shogo

帰国子女にして苦手な科目が英語。外資系企業での英語受難を耐え忍び、自ら英会話コンテンツをプロデュースし、アプリをリリースした経験を持ちます。自称、英語ができない人の気持ちが一番分かってるリアル英語学習者。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。