AI英会話アプリSpeakBuddy(スピークバディ)の正しい使い方

AI英会話アプリSpeakBuddy(スピークバディ)の使い方
英語リスニングからスピーキング、発音レッスンまで。秀逸な英語学習アプリ「スピークバディの」正しい使い方

この記事では以下の内容をお伝えしています。
・スピークバディでできること
 カリキュラム

 シナリオ
 英語学習モード
・英語辞書いらず英単語学習モード
・正しい英語の発音を学習できる!リスニングモード

・ネイティブとリアルに話せる!スピーキングモード
・ネイティブに近づく!英語発音モード

手軽で便利!AI英会話アプリSpeakBuddy(スピークバディ)の正しい使い方をご紹介!

こんにちは、Madam Calamarです。みなさん、英語の学習は進んでいますか?
英語の参考書を買ってもなかなか続かないという方も中にはいらっしゃるかもしれません。

そんな方にお勧めなのが、英語学習アプリ「SpeakBuddy(スピークバディ)」です。

スピークバディはビジネス向けと日常会話向けに、500以上のシナリオがあり、単語やリスニング、発音は勿論のこと、これまで自力では学習しにくかった英語のスピーキングまでもが、いつでもどこでも手軽に学習できてしまいます。今回は、そんなAI英会話アプリ「スピークバディ」でどういった英語学習ができるのか、その全容を詳しくご紹介します。

スピークバディでできること

アプリをダウンロードするかどうか迷っている方に、まずはスピークバディでどのような学習ができるのかを全体像を簡単にご紹介したいと思います。

▼カリキュラム

まず、スピークバディアプリをダウンロードすると、あなたの英語レベルや学習目的、学習時間といった簡単な3ステップを選択するようになっています。
この3ステップを踏むだけで、あなたにあった最適なカリキュラムをアプリが毎回提示してくれるようになっています。時間のない方には無理なく必要な部分を網羅できるようにカリキュラムが組まれていますし、1日15分と設定した場合にはその時間内でやるべき学習が提案されるので、アプリにお任せしておけば安心してレベルアップが図れます。

・カリキュラム作成

・学習目的をビジネスか、日常英会話から選ぶ

・英語のレベルを初級、初中級、中級、中上級、上級、最上級から選ぶ

・1回の学習時間を選ぶ

▼シナリオ

アプリが提示してくれるカリキュラムに沿って学習を行っても勿論効率よく学習ができます。しかし、「今日中に会議の日程調整の練習をしてしまいたい!」というような急ぎの目的がある場合は、300ほどあるシナリオの中から、自分でやりたいものを選ぶこともできます。

・シナリオを選ぶ ビジネス編

・シナリオを選ぶ 日常会話編

例えば「日程調整」というシナリオだけでも、さらに8つの下記のようなシナリオリストがあり、盛りだくさん。シナリオリストの中には、よく使われるフレーズばかりが含まれているので、フレーズを何度か口に出して練習すれば、現実世界でもそのフレーズが自然と口をついて出てくるようになります。正直、英会話学校でこれだけ学ぼうと思うと、教科書代と授業料でかなり高くつくので、本当にお得だと思います。

「日程調整」
1.会議の提案
2.会議の調整
3.キャンセル
4.都合の良い日
5.リスケジュール
6.時間帯を伝える
7.時間変更
8.日程を確定

▼英語学習モード

シナリオを選んだら学習モードを選択します。下記のような学習モードがありますよ。

・単語学習モード
・リスニングモード
・会話モード
・穴埋めモード
・発音モード

様々な学習モードがありますね。次に、これらの学習モードを一つ一つご紹介してきたいと思います。

英語辞書いらず!英単語学習モード

選んだシナリオの会話の中に含まれる英単語を学習します。会話に入る前に、事前に今日の会話の英単語を学習できるので、その後、スムーズに会話が理解できる仕組みになっています。

クイズ形式になっており、「5問中、4問正解」などとスコアも出るので、間違ったものがあればもう一度チャレンジでき、やる気につながりますね。

また、会話中にも、「この英単語なんだっけ?」と思った時は、吹き出しのアイコンを押すと、詳しい英語辞書が出現します。英単語の意味や英語の発音記号までしっかり記載されているので、自分で別途、重い英語辞書を持ち歩かなくても、アプリの中で英単語学習が完結してしまう優れものです。スマートフォンさえあれば気軽にどこでも英語の勉強ができますよね。

正しい英語の発音を確認できる!リスニングモード

このAI英会話アプリSpeakBuddy(スピークバディ)の特徴は、ネイティブの発音をしっかり聞いて学習できること。正しい発音やイントネーションを耳にすることは、自分の発音矯正には不可欠です。会話を一通り通して聞くこともできますし、1文ずつ再生することもできます。
電車の中など発話の練習が難しい時は、ひたすらリスニングモードにして、会話を繰り返し聞き流すのも良い「英語耳」の訓練になります。

・まずは会話を一通り続けて聞いてみよう。文の横のアイコンをクリックすると、その文だけ繰り返し聞くこともできる。

ネイティブとリアルに話せる!音声認識機能搭載の会話モード

なんといってもこの英語学習アプリの特徴は、AIのネイティブキャラクターと会話ができること。例えば「会議の調整」というシナリオでは、会議の日程を上司と調整するためによく使われるフレーズを、納得のいくまでAIとスピーキングレッスンをすることができます。

基本は、AIのネイティブがあなたに英語で話しかけてくるので、それに対して最適な返事を選んで英語で発話します。AIが何と言ったのかわからなかった場合は、何度でも聞くこともできますし、それでも聞き取れない場合はAIが英語で発話した内容を英文として表示させることもできます。最終的にはその意味を日本語で確認することもできるので、自分にあった難易度に段階的に変えていくことができ、難しすぎて続かないということがありません。

・まずはヒント無しでAIの英語発音を聞き取って返事をする

・聞き取れなければ、英文を表示することもできる

・正しく返事ができれば、AIがHappyな表情をする

・会話モードのスコアが最後に表示される

英語フレーズごと極める!穴埋めモード

会話モードで練習した「よく使う英語フレーズ」がしっかり自分のものになっているかを確認できる「穴埋めモード」。私も試してみましたが、会話モードで2回だけ練習した英語フレーズでも、意外とおぼえているもので、勝手に口からでてくるようになっており、穴埋めも簡単にできました。
もしできなかった、覚えていなかったという場合は、会話モードに戻るといいと思います。

ネイティブに近づく!英語発音モード

日本の教育ではなかなか細かいところまで学ぶことがなかった英語の発音。このアプリでは、子音や母音の発音記号からしっかりと発音の仕方を練習することができます。ネイティブの口の動きを動画で確かめながら、そのネイティブが発する英語の音に似せるように自らが発音することができます。また自分が発音した英語がどんな音だったかが録音されるので、ネイティブの正しい音と聴き比べることができ、正しい英語発音への近道になります。

・様々な発音記号を基礎から学習できる

・ネイティブの口の動きや音を真似しながら自分の発音も録音できる

最後に

いかがでしたか。色々な方法で英語学習を行ってきた筆者としては、SpeakBuddy(スピークバディ)を使ってみて、アプリでここまで色々なことができるのかと驚きを隠せませんでした。特にこれまで一人では学習しにくかったスピーキングが、このアプリでは至るところで練習できます。学習中に声に出して発話する機会が多く、自分が発話したフレーズを耳で聞いて覚えられるという相乗効果があるので、簡単に「よく使う英語フレーズ」を覚えてしまいます。なかなか英語を話せないという方は、ぜひアプリを通してフレーズをマスターし、現実世界でも使ってみてくださいね。

The following two tabs change content below.

Madam Calamar

小さい頃に英会話スクールの体験で「バナーナ」と何度も発音させられて以来、十数年間、英語が大嫌いだったのに、なぜか今は英語にまつわる仕事をしています。イギリスへの語学留学や、カナダでの就業経験があります。旅行と食べ歩きと文学散策が大好きです!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。