料理好きの方必見!夏におすすめの英語レシピで作ってみよう

海外の英語レシピを読んで作ってみよう!

みなさま、こんにちわ。
毎日暑い日が続いていますが、体調を崩したりはしていませんか?
こんなに暑いと食欲もなくなりますが、こんな時ほど栄養のある物を食べたいですね。
暑いと火を使うのもいやになり、ついつい買ったもので簡単に済ませがちですが、
本日は英語を楽しく学びながら、簡単に作れる海外のレシピをご紹介します。

まず、本題に入る前に、世界の面白い調理法や食べ合わせに関してご紹介したいと思います。

海外の面白い料理法!

包丁ではなくハサミ

海外では、料理ハサミを使用することが多くあります。例えばブロッコリーの房の部分や茎の部分切る時、日本では包丁を使用しますが、海外ではハサミを使います。海外に留学をしていた頃、良くホストファミリーの料理の手伝いをしており、ブロッコリーをハサミで切っていました。日本に帰ってきてもブロッコリーをハサミで切っていましたが、びっくりされたことがあります。
また、東南アジアでは麺類が長く食べにくい場合、麺をハサミで切る習慣があります。これはきっと日本の様に麺を啜る習慣がないからだと思います。どうしても長くて食べにくい場合は、麺をレンゲにのせて食べます。

アボカド

日本では、サラダとして食べられるアボカドですが、フィリピンでは練乳をかけて食べます。シンガポールで働いていた頃、同僚のフィリピン人がアボカドの真ん中に練乳を垂らし朝食に食べていました。アボカドは栄養が高いため、朝から良質のエネルギーが取れて良いですね。この食べ方にはびっくりしましたが、東南アジアのフレッシュジュースを売る店では、アボカドと牛乳をブレンドしたドリンクが売られています。

床で食事

アジアやアラブ諸国では、テーブルで食事をせず、床で食事をする習慣があります。床で食事をするというと日本ではマナーが悪い様に聞こえますが、床で食事をする事にも大切な意味があります。
昔アラブ諸国では、物資の輸送手段としてキャラバン隊がおり、ラクダと共に何日間も砂漠を歩いたと言われています。イスラム教徒が多くいるアラブ諸国では一日数回、必ず専用のカーペットの上で礼拝を行います。きっと、砂漠を歩きながらも時間には礼拝をしたのでしょう。
もちろん、砂漠には食事をするためのテーブルはありません。
食事の際は、神に食事の感謝の意味を込めながら、カーペットに座りみんなで円になって食事を取ったそうです。この文化が今でも続いているのだと思いますが、イスラム圏は一夫多妻制で大家族だから?とも思っています。

こうして見てみると、海外の文化にも色々な意味がありますね。海外から見ると独特な、日本人が麺を啜るという文化にも、意味があるのかもしれませんね。

夏にピッタリ!海外のさっぱりレシピ

みなさん、パブロバと言うオセアニアのデザートはご存知ですか?
Pavlova(パブロバ)はニュージーランドを代表する、メレンゲでできたケーキです。パーティーやバーベキューのデザートにする事が多く、とても簡単に作れるデザートです。バターを使用していないためさっぱりとしており、フルーツも多く使うため夏に適したデザートではないでしょうか。
このレシピはニュージーランド人から教わったものですので、本格的な味が楽しめますよ。まずは英語でレシピを書きますので、どのくらい理解ができるがお試しください。
Ingridients
3 – egg whites
3 tablespoons – cold water
1 cup – caster sugar
1 teaspoon – vinegar
1 teaspoon – vanilla essence
3 teaspoons – cornflour
300 ml – cream (whipped)
4 – kiwifruit

STEPS
1. Preheat oven to 150 degrees Celsius.
2. Beat egg whites until stiff. (FYI: it is so much easier with an electric whisk).
3. Add water and beat again.
4. Add sugar very gradually while still beating.
5. Add vinegar, vanilla essence and cornflour while still beating.
6. Draw a 22cm circle on the baking paper and spread the pavlova mix to within 2cm of the edge of the circle, keeping the shape as round possible.
7. Smooth the top surface.
8. Bake the pavlova for 45 minutes.
9. Leave to cool in the oven.
10. Carefully lift the pavlova onto a serving dish and decorate with whipped cream and kiwifruit.

材料
3 – 卵白
3 小さじ – 冷水
1 カップ – 砂糖
1 小さじ – 酢
1 小さじ – バニラエッセンス
3 小さじ – 片栗粉
300 ml – ホイップクリーム
キウィフルーツ等、お好みで

手順
1. オーブンを150度に予熱する
2. 卵白が立つまで泡立てる
3. 水を入れ再度泡立てる
4. 泡立てながら、少しずつ砂糖を入れる
5. 泡立てながら、酢、バニラエッセンス、片栗粉を入れる
6. クッキングシートに22cm の円を書く。外側2センチを残し、その中に5を流し入れ円形を作る
7. 表面がきれいになるように整える
8. 45分オーブンに入れる
9. オーブンの中で冷ます
10. パブロバを皿に移し、ホイップクリームとフルーツで飾る

海外では料理用の大さじ、小さじの代わりに、table spoonとtea spoonと表記します。table spoonとはメインディッシュで使用される大きいスプーン、tea spoonとは紅茶やコーヒーを頼んだ時に添えられている、小さいスプーンの事です。日本の大さじと小さじを使用して大丈夫ですよ!

大人気!から揚げのレシピを英語で紹介

外国人に人気の日本食といえば、寿司、天ぷら、とんかつ等を思い浮かべますが、以外に日本の鶏のから揚げが人気です。海外にもフライドチキンがありますが、日本の鶏のから揚げは小さくスナック感覚で食べられ、醤油や酒で下味をつけた鶏のから揚げがとても人気です。
レシピを紹介する前に、みなさんにちょっとしたジョークをシェアしたいと思います。

ホームステイ先で鶏のから揚げを作った時の事です。。。

私:Hows Japanese fried chiken, everyone lilke it?
ホストファーザー:No, i dont like it. it is not nice.
私:……..
ホストファーザー:Everyone, dont eat it.
私:Too salty or….?
ホストファーザー:LOL! It is very nice, I don’t want everyone to eat it!

私:日本の鶏のから揚げはどう?おいしい?
ホストファーザー:あまり好きではないな、そんなにおいしくないよ。
私:……..
ホストファーザー:みんな、食べるな。
私:しょっぱすぎた?それとも。。。
ホストファーザー:あはははははは!おいしすぎて、みんなに食べてほしくなかったんだ!

*LOL: laugh of laughという略語で良く使われていますが、日本語では「爆笑」というニュアンスです。

このようなジョークが生まれる程、日本のから揚げは人気があります。
では、ここからは日本のから揚げのレシピを英語で見てみたいと思います。

Ingredients
2 chicken thighs or brest
1 Tbsp Sake or white wine
1 Tbsp soy sauce
1/4 tsp salt
1-2 tsp garlic, grated
1-2 tsp ginger, grated
1/2 cup flour
1/2 cup corn starch
salt and pepper
oil for deep frying

Instructions
1. Cut a chicken into dice. Mix Sake, soy sauce, salt, garlic and ginger with chicken. Leave it for 1/2-1 hour.
2. Mix flour, corn starch and some salt and pepper in another bowl. Coat marinated chicken pieces with flour mixture.
3. Heat oil and deep fry for 5-8 minutes depending on the size of meat.

材料

鶏肉(モモ又はムネ)2 枚
酒又は白ワイン 大さじ2
醤油 大さじ1

塩 小さじ1/4
すりおろしガーリック 小さじ1-2
すりおろしにんにく 小さじ1-2
小麦粉 1/2 カップ
コーンスターチ 1/2 カップ
塩コショウ
揚げ湯

手順
鶏肉を一口サイズに切り、酒、しょうゆ、塩、ニンニク、ショウガに、30分から1時間ほど漬ける
小麦粉、コーンスターチ、塩コショウをボールで混ぜ、鶏肉に付ける。
油を熱し、鶏肉を揚げる。

まとめ

台風が去ったとたんに暑くなりましたが、こんな時こそぜひ海外のこってり系のレシピに挑戦してみてください!インド人が紹介している、本場のカレーのレシピ、お勧めですよ。

The following two tabs change content below.

SachiyoFujimori

2歳から5年程を東南アジアで過ごし、その後も海外を渡り歩くがやはり日本が一番と実感。現在は東京の製薬会社で主に翻訳を担当。 英語の交渉事はお任せください。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。