夏休みに英語を上達させる方法!

夏休み!楽しみながら英語を上達させる方法お教えします。

皆さま、こんにちは。

夏休みに入った方も多いと思います。
本日は、涼しい部屋で寝そべりながらでもできる、楽しく英語を勉強する方法をご紹介したいと思います。
私たちが日常的に使っている日本語ですが、例えば「仕方がない」や「頑張って」を英語で何というのか?など考えたことはありますか?
ご自身で思い浮かんだ言葉で良いので、改めて日本語で語源や由来などを調べると、今まで知らなかった発見があり面白いですよ!
今回は、日本に住んでいる外国人にもぜひ教えてあげてほしい、知っていると便利なフレーズをご紹介したいと思います。

Genki(元気)

“Genki?” is the most common greeting in Japan. The formal/polite way is “ogenki desuka?”, “how are you?” and
people usually answer “genki desu.”, “I am fine” in English. When you look at kanji of “Genki”, you can know the
origin of the word. The kanji for “Genki” means root of spirit, Japanese people tend to believe that energy is coming from good health
while westerners feel energetic because they are health. it is said that this Japanese philosophy is from Chinese concept of spirit.
Japanese believe that it is important to have good energy and positive mind to have health life.
We have famous proverb “Yamai wa ki kara”, meaning sickness comes from mind(spirit). The similar proverb in English would be
“Care killed the cat.”

“元気?”は一番主要な挨拶で、丁寧語では”お元気ですか?”と言います。英語では”how are you?”にあたる言葉で、通常は”元気です”、”I am fine”と答えます。
“元気”の漢字を見てみると、気の元という漢字を使っています。欧米人は「健康なのでエネルギーがある」と思っている一方、日本人は「エネルギーは健康から生まれる」と
思っています。この考えは中国の気(精神)から来ており、日本人は健康な生活を送るには良いエネルギーとポジティブ思考が重要と考えているようです。
日本には”病は気から”ということわざがあり、病気は気持ち(気)から来ているという意味があります。英語のことわざ、”Care killed the cat.”に近い意味があります。

“元気?”を使った例文

Steve: Hi Mieko, long time no see.
Mieko: Hi Steve, how are you? Where are you going?
Steve: Yeah, I am fine, just going to have some coffee. Would you like to join me?
Mieko: Sure! Lets go to ABC cafe, I have one for one ticket.

Steve: やあ、ミエコ。久しぶりだね。
Mieko: あら、スティーブン。元気だった?どこへ行くの?
Steve: 元気だよ。コーヒーを買いに行こうと思ってね。一緒に来る?
Mieko: ええ、ぜひ。ABCカフェに行きましょう。一杯買うと、一杯無料のチケットを持っているの。

Mottainai(もったいない)

This Japanese word mottainai is also well known by many foreigners.
Mottainai can be translated “what a waste!” is the feeling of regret when we waste such as food and other resources.
This word describes Japanese lifestyle, treat resources carefully and consider waste as bad manner. For example, we are
taught by our parents that we should not leave any rice in a bowl and many Japanese prepare bento(lunch box) from leftover.
This Japanese tradition has been continued to young generation. People usually bring water bottle from home instead of buying
plastic bottle drink and have reusable eco bag to avoid using plastic bags each time.
On the other hand, it is common for supermarket and convenience store to dispose unsold food in order to keep freshness.
As a result, tons of food are wasted in Japan per year.
It is very important to keep Mottainai culture alive for next generation.

「もったいない」という日本語は多くの外国人にも知られています。「もったいないを英語に訳すと”what a waste!” と言い、
食料やその他の資源を無駄にした時の気持ちを表しています。「もったいないという言葉は資源を大切にするという日本の生活習慣を
表しており、物を大切にするという日本の文化を象徴しています。例えば、両親からは茶碗にお米を一粒も残してはいけないという事を教え
られたり、晩御飯の残りをお弁当に持っていくこともあります。
この「もったいない文化は若者にも広がり、コンビニでペットボトルを買う代わりに、家から水筒を持って行ったり、スーパーで袋を毎回もらう代わりに
エコバックを利用している人が多くいます。
一方、スーパーやコンビニでは鮮度を保つため、一定に期間に売れなかった食べ物を廃棄しています。その結果日本では一年に大量の
食料が廃棄されています。このもったいない文化を次世代に引き継いでいくことは大切なことですね。

“もったいない”を使った例文

Taro:Hey Toshi, do you want this jeans? I bought it last winter but I don’t really like the design.
Toshi:I don’t think I can wear your size, its too small.
Taro:Oh…I will throw it then.
Toshi: What a waste! You should bring to recycle shop. At least you can get some money.

Taro:トシ、このジーンズ履かない?去年の冬買ったんだけど、デザインが好きではなくて。。。
Toshi:僕には小さすぎると思うよ。
Taro:そうか。じゃあ捨てるかな。
Toshi: もったいないよ!リサイクルショップに持っていけば、少しでもお金になるよ。

Shikataga nai(しかたがない)

Shikataga nai can be translated to “cant help” or “nothing can be done”. this word is often used and well describe Japanese culture and philosophy.
Japanese people think it is better to accept and move o when we face something is out of our control or can not be solved.
Also this word describe how Japanese get over horrible situation such as natural disasters.
Some people have negative impact of this word because it is sound like giving up without challenging but on the other hand,
Japanese feel less frustrated when we say shikataga nai.

「しかたがない」、は英語で”cant help” や “nothing can be done”と訳すことができます。この言葉は日本の文化と思考を反映しています。
日本人は自分たちでコントロールができないことや解決ができない事柄を受け入れ、すぐに前進する傾向があります。
この言葉により、日本人がどのように自然災害等を受け入れてきたかが分かります。
しかたがない、という言葉をチャレンジ精神が無い、とネガティブにとらえる人もいますが、日本人は「しかたがない」と思う事で、気持ちを抑えることが
できるのだと思います。

“しかたがない”を使った例文

Emmy: Hey Michiko, typhoon is coming to Okinawa next week. Our flight may be cancelled or delayed.
Michiko: Oh, we can’t help. Why don’t we go to Fukuoka instead of Okinawa?

Emmy: ねえ、みちこ。来週沖縄に台風が来るらしいよ。私たちのフライトはキャンセルか遅延になるかもしれないね。
Michiko: あら、仕方がないね。沖縄の代わりに福岡に行こうか?

Ganbatte(頑張って)

Ganbatte can be translated to “do your best!”. We often use Ganbatte in our daily life at various situation. This word is a very useful and
common word but some people are not willing to hear all the time. For example, when you are working so hard for your project but
your boss tells you ganbatte, it may sound you are not doing enough or need to work harder. This may be why many psychologist says
we should not say ganbatte for people who is suffering from depression or other mental illness. Although it is very common word
but you can think twice before saying this word to people having difficult time such as illness or other personal issues.

「頑張って」は英語で”do your best!”と訳すことができます。この言葉は日常的に良く使われていますが、状況によっては人を不快にさせることもあります。
例えば、一生懸命プロジェクトに取り組んでいる時、上司に「頑張って」、と言われたとします。人によっては自分は頑張りが足りない、と思ったり
もっと頑張らなければ、と思ってしまう人もいます。多くの心理学者がうつ病や精神的な問題を抱えている人に、「頑張って」と言ってはいけない、
というのも分かりますね。病気や深刻な問題がある人に「頑張って」という時は少し考えてからにしましょう。

“頑張って”を使った例文

Ikumi: Mom, I need to go Malaysia to conduct job training next month. I am so nervous.
Mom: Good luck! You can do it.

Ikumi: ねえ、お母さん。来月マレーシアでトレーニングを開催することになったの。緊張するわ。。
Mom: 頑張って!あなたならきっとできるわ。

まとめ

本日は私たちが日常的に使用している言葉を挙げてみました。「頑張って」と言ってはいけない状況もある、など海外の方は知らないことも多いですね。英語で日本の事を伝えたい場合、もう一度日本語の由来から調べてみるのも良いと思います。

The following two tabs change content below.

SachiyoFujimori

2歳から5年程を東南アジアで過ごし、その後も海外を渡り歩くがやはり日本が一番と実感。現在は東京の製薬会社で主に翻訳を担当。 英語の交渉事はお任せください。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。