スポーツ観戦を最大限に楽しむための英語:サッカー編

サッカー観戦のための英語をマスターしよう!

こんにちは、Madam Calamarです。
みなさん、サッカーワールドカップは楽しまれましたか?テレビの前で毎日寝不足になりながら応援された方も多いのではないでしょうか。サッカーなどのスポーツは、万国共通の楽しみです。言葉の壁を超えて、日本人以外の人とも一緒にスポーツ観戦を楽しみたいものですよね。

今日はスポーツ観戦の中でも、特にサッカー観戦のための英語をご紹介したいと思います。普段は仕事だけの間柄のネイティブの方とも、一緒にサッカー観戦をするときっと仲が深まるに違いありません。英語でもゲームの状況がわかるようにしっかり準備して最大限にスポーツ観戦を楽しみましょう!

サッカー用語をマスターしよう

まずはサッカーで使われている用語をご紹介します。日本語だとサッカー中継を見ていてなんとなく理解していることでも、英語になると単語が違ってわからないこともあります。せっかくのサッカー観戦、ゲームの様子がしっかりわかるように、サッカー用語をマスターしておきましょう!
沢山ありますので、サッカー観戦をされるときは辞書代わりに印刷してお持ち頂いてもいいと思いますよ!

・Football/Soccer (サッカー)
・Chase the ball(ボールを追いかける)
・Take a first time shot (ダイレクトでシュートする)
・Head the ball / Header(ヘディングする)
・Juggle the ball (リフティングする)
・Knock the ball around (ボールを回す)
・Center the ball (センタリング)
・Switch the side (サイドチェンジ)
・Go for the ball(タックルする)
・Match/Game (試合)
・Score(ゴールをとる)
・Substitute (控え選手)
・Playmaker  (司令塔)
・Goal Poacher(ストライカー)
・Indirect free-kick (間接フリーキック)
・Shooting ability (決定力)
・Equalizer (同点ゴール)
・Good work (ナイスアシスト)
・Line-up(スタメン)
・Set-piece(セットプレー)
・Added time(ロスタイム)
・a Japan international (日本代表)
・Pitch(サッカー場)
・Draw(引き分け)
・On the break(カウンター)
・Referee(審判)
・Strip/Kit(ユニフォーム)
・Clearance(クリア)
・First half(前半)
・Second half(後半)
・Full time(試合終了)
・Through-ball(スルーパス)
・Defensive midfielder(守備的ミッドフィルダー)
・Offensive midfielder(攻撃的ミッドフィルダー)
・Evening game(ナイター)
・Penalty kick(ペナルティーキック)

いかがでしたか?沢山ありますよね。
サッカーは英語圏では特にイギリスで発展していますので、アメリカ英語ではほとんど口にされない英語もあるようです。Footballというのもその一つで、アメリカではサッカーのことはSoccer、イギリスではFootballというようです。アメリカでは「American Foodball」という手を使う全く別の競技があり、それと区別するためにSoccerを主に使うようですね。

ユニフォームはUniformと訳しがちですが、試合中に着るのは「Strip」や「Kit」と言われています。
ペナルティーキックは、PKと言うと通じません。しっかりPenalty Kickといいましょう。

観戦時に発したい掛け声

サッカーの観戦をしていると、「シュート打て!」などとつい叫びたくなりますよね。これを英語で言えたらとてもかっこいいでしょう。日本語と似ているものもあれば、少し異なるものもあります。違いを把握して、自信を持って「シャウト」できるようにしておきましょう。これからサッカー観戦時に出したい掛け声をご紹介しますので、ご一読くださいね。

・シュートを打て!> Get a shot!
・オフサイド!> Offside!
・ドリブルしろ! > Dribble!
・戻れ!> Go home!
・(相手が)来てるぞ! > Man on!
・ハンド! > Handball!
・クロスをあげろ! > Cross!
・あがれ! > Push forward!
・マークしろ!> Mark him!
・ファイルだ!>That was a foul!
・退場だ!> Give the red card!
・惜しい!>Almost!
・いけ! >Go for it!

Man on!は「マノーン」と発音します。自分でもサッカーをしている人は、チームメンバーに声をかける言葉としてはよく使う、頻出語です。
Almost!はもう少しでゴールに入りそうだったのに!という時によく叫ばれる言葉です。
「That was so close!」といいかえることもできますよ。
「シュートを打て!」は、「Get a shot」というように、Getの後ろで名詞でシュートを表すときは、「Shoot」ではなく「Shot」の単語を使います。よく間違えるポイントですので、しっかり覚えておいてくださいね。

スポーツバーなどで観戦する時の会話と注意点

スポーツ観戦はサッカー場に足を運ばなくとも、スポーツバーなどでもよく行われています。スポーツバーで隣り合わせた知らない人と、共通の趣味であるスポーツを通して仲良くなる最高のチャンスです。しかしゲームで勝ち負けが関わっているからこそ、注意しなければいけない点もあります。

スポーツ観戦で注意すべき点

スポーツバーで隣り合った人と一緒にゲーム観戦をすることになった場合、相手が対戦相手国出身だった際には、発言には注意しましょう。

・相手のチームの悪口を言わない
熱心なサッカーファンであれば、日本人でも自分の国のことを悪く言われたり、ブーイングをされたりすると嫌な気持ちがするものです。スポーツバーでは対戦相手のチームのことを悪く言ったり、ブーイングをするようなことは避けましょう。

・相手を褒めるような言葉を伝えよう
ゲーム観戦を一緒にするのです。プレイする人だけでなく、見ている方もファインプレーをしたいもの。日本が点をとられても、下記のように、点を取った相手選手のことを褒めたり、相手が勝ったら祝福の言葉を伝えることができると、とても素敵な関係になれるでしょう。

・He is a really good player!(いい選手だね!)
・Congratulations!(おめでとう!)

スポーツバーで隣の人にかけたい言葉

その他、下記のような会話を通して、ぜひ相手を知ってみてくださいね。

・どっちのサポーターですか?> Who do you support?/ Who are you supporting?
・何のチームの試合なの?> Who’s playing?
・誰がゴールしたんですか?> Who scored?
・どっちが勝つと思う?> Who do you think will win?
・彼は日本代表の選手だよ。>He plays for the Japan national team.
・日本は月曜日にブラジルと対戦します。> Japan will face Brazil on Monday.
・日本のボールだ。>Japan is now in possession.
・あの10番の選手は誰? > Who is playing at number 10?
・惜しかった!> It was so close!
・いい試合でしたね!> It was a amazing game!
・おめでとう!> Congratulations!

上記のように、自分の国やチームの情報を伝えるとともに、相手の国の選手についても質問したりして、興味を示しましょう。情報を交換する中で仲良くなっていけますよ!

スタジアムで観戦する場合

最後に、スタジアムで観戦する場合に、チケットを購入するための英語も合わせてご紹介します。旅行先で英語でチケットを購入して本場のサッカー観戦などができると、旅の大きなメインイベントにもなり、いい思い出にもなりますよね。下記を参考に、自信をもってチケットを購入してみてくださいね。

・チケット売り場はどこですか?> Where is the box office?
・今日のチケットはまだありますか?> Do you still have any tickets for today’s game?
・ホーム側の席はありますか?> Do you have seats of the home plate side?
・予約していたチケットを3枚いただけますか?> Can I get three reserved seats?
・メインの指定席を2枚でいくらですか?>How much is it for two reserved seats in the main stand?
・2枚で180ポンドです。> For two tickets, one hundred eighty pound, please.
・この座席は売り切れです。>This seat is already sold out.

終わりに

いかがでしたか?サッカー観戦を楽しむための英語は様々です。日本語とほぼ同じ単語のこともあれば、全く異なる英語を使うこともありますね。まずは全く異なるものだけでも優先的に覚えておきましょう。スポーツは全世界共通の楽しみです。同じ趣味をもつ人同士であれば、よい会話のネタにもなりますし、これを機に人となりを知り合えることができます。スポーツバーなどで英語のネイティブの友達を作る時にはもちろん、ビジネスの場でもっと仲良くなりたい上司や部下とも、スポーツ観戦を一緒にするときっと打ち解け合う事ができると思います。上手く使ってスポーツも、交流関係も楽しんでくださいね!

The following two tabs change content below.

Madam Calamar

小さい頃に英会話スクールの体験で「バナーナ」と何度も発音させられて以来、十数年間、英語が大嫌いだったのに、なぜか今は英語にまつわる仕事をしています。イギリスへの語学留学や、カナダでの就業経験があります。旅行と食べ歩きと文学散策が大好きです!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。