海外にもある「お盆」の文化、日本のお盆・法事を英語で紹介するフレーズとは?

日本のお盆と法事を英語で説明するフレーズをご紹介します

みなさま、こんにちわ。
本日は日本のお盆を英語で説明するフレーズをご紹介したいと思います。
実は「お盆」の語源はインドのサンスクリット語という事をご存知ですか?
今回は世界で行われているお盆もご紹介しながら、楽しく進めていきたいと思います。

世界のお盆

死者の祭り

メキシコのお盆は「死者の祭り」と言われ11月に行われます。日本同様、ご先祖をお迎えし家族と共に過ごします。みなさんはメキシコのお土産にある、骸骨の置物を見たことがありますか?なぜメキシコには骸骨のものがいっぱいあるの?と不思議に思っている方が多くいると思いますが、「死者の祭り」には骸骨の置物を飾り、町は骸骨とマリーゴールドの花であふれます。死者の祭りの前には、お墓がお花やカラフルなお供え物で飾られ、ご先祖と共に明るく過ごすというのがメキシコ流のお盆です。
夜にはマリアッチによる音楽を楽しみ、仮装パーティーも行われます。死者と共に楽しい時を過ごそう!というラテンののりが伝わってくるようですね。
メキシコのお盆を知りたい方は、ディズニーのリメンバーミーという映画をお勧めします。

イースター

日本でも段々と知られてきているイースターですが、キリストの復活祭で欧米ではお盆の様な行事です。キリストが処刑されてから三日後に復活したと言われており、キリスト教徒にとってはクリスマスの次に大きな行事です。この日は礼拝に行き、クリスマスの様に家族で食事をします。イースターと言えば、卵とウサギがシンボルですが、卵は命の始まりの象徴、うさぎはたくさん子供を生むことから、めでたい動物と言われているそうです。

ハングリーゴースト

中華圏で行われるお盆は「ハングリーゴースト」と言われています。こちらも日本同様、ご先祖と過ごす時期ですが、「ハングリーゴースト(お腹を空かせたお化け)」がこの世で悪さをしないように、お盆中はお線香をあげ、お供え物を欠かしません。この時期には多くの所で中国古典劇が行われ、我々も見ることができますが、最前列はご先祖様の席と言われており、誰も座っていません。また故人があの世でお金に困らないように、紙でできた(おもちゃの様な)お金、時計、車等をドラム缶で燃やします。このおもちゃの様な紙は、お線香や仏教徒のものを売っている商店で買うことができます。中華系の仏教徒が多くいるシンガポールでは、この時期多くの人がドラム缶で物を燃やすため、大気汚染の問題にもなっています。

お盆の語源

冒頭にも少し書きましたが、「お盆」の語源はインドのサンスクリット語から来ています。元々「お盆」は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言われており、サンスクリット語の「ウラブバナ(逆さ吊りという意味)」から来ているそうです。なんだか怖い意味ですが、深く調べると面白そうなので、ご興味のある方は調べてみてください。

お盆を英語で説明

さて、ここからは本題に入りたいと思います。

What is Obon?
Obon is the Buddhist event, a day to respect and honor the spirits of our ancestors who have passed away. It is believed that the spirits of our ancestors visit our home in the Obon period. During this period, it is common to go back to our hometown and spend time with family.

お盆ってなに?
お盆はご先祖を敬う仏教徒の行事です。お盆にはご先祖がこの世に戻り、家族と共に時を過ごすと言われています。お盆の時期には通常実家に帰り、家族と共に休暇を過ごします。

When is Obon?
The date is slightly different according to city but usually mid-July or mid-August.Obon is the one of major and longest holiday in Japan.
Obon periods are the most expensive and busiest times to travel both domestic and overseas.Traffic jams are common across Japan and tickets of public transportation will be sold out.

お盆っていつ?
お盆の時期は地域によって異なりますが、通常7月か8月の中旬です。お盆休みは日本の主要な、そして長い休みの一つです。お盆の時期は国内も海外旅行も一番高く混んでいます。日本中で交通渋滞が起こり、交通のチケットは売り切れます。

What people do in Obon?
During Obon, we usually go back to our hometown and spend time with family, visiting grave to clean the site and offer flowers. At the first day, we make fires at entrance of our home to guide spirits to welcoming home and the last day for sending them off.
Some people make a horse and cow using cucumber and eggplant. It is said that ancestors are coming by horse because ancestors want to come faster and going back by cow to go back slower.

お盆には何をするの?
お盆には実家に帰り、お墓参りをします。お墓の掃除をし、お花を供えます。お盆の初日にはご先祖様を導くため迎え火をし、最終日には送り火をします。またキュウリとなすを使用し、馬と牛を作ります。馬は牛より足が速いためこちらに来るときは馬に乗り、帰るときには名残惜しいため牛に乗って帰るそうです。

日本の法事について

ここで少し日本の法事について、英語で説明をするフレーズをご紹介したいと思います。
日本人でも知らない法事のルール、まずは日本語で調べながら英語にしてみました。

It is common for Japanese buddhist to hold ceremonies at a temple on certain days after family and relatives death.
Sometimes ceremony is held at house with family and relatives otherwise go to temple. buddhist monk chants a buddhist sutra on the ceremony and we visit cemetery after that. At ceremony, people usually wear special black suits or dress callec ‘mofuku’ in Japan. It is forbidden to use shiny accessories, wear bright color clothing and use strong perfume. If you like to use jewelry, use black or white pearl.
Something you must not forget is the condolence money ‘koden’ in special envelope. The amount of money is varying from 3000 to 30000 yen, depend on your relationship with the deceased. It is not appropriate to give too crumpled note but also not new notes. If you only have new notes, fold it in half before putting into the envelop.

日本の仏教徒は家族や親せきが無くなった後、お寺で行事を行います。行事は家族や親せきと共に家で行いますが、お寺で行う場合もあります。お坊さんのお経の後、お墓参りをします。日本のお葬式や法事では「喪服」と呼ばれる黒いスーツかワンピースを着ます。お葬式や法事などでは、派手なアクセサリーや洋服、強い香りの香水は避けましょう。もしジュエリーを使いたい場合は白か黒のパールを使用します。
忘れてはいけないのが「お香典」です。金額は故人との関係により3000 から 30000円です。お札は新券でも皴がありすぎてもいけないので、新券しかない場合は一度半分に折ってから香典袋に入れましょう。

まとめ

日本人でも都会に住んでいる方は、お盆に何をするか知らない方も多いと思います。今回はお盆から法事にまでトピックが広がってしまいましたが、英語で説明をする前に日本の行事や文化を改めて調べてみるのも面白ですね。

The following two tabs change content below.

SachiyoFujimori

2歳から5年程を東南アジアで過ごし、その後も海外を渡り歩くがやはり日本が一番と実感。現在は東京の製薬会社で主に翻訳を担当。 英語の交渉事はお任せください。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。