圧倒的不足の英語時間!AI英会話アプリでカバーしよう

英語力の強化にはアウトプット機会を増やすことが大切!

英語を学んでいる皆さん!
一日にどれくらいの時間を英語学習にあてていますか?
その学習の中で、アウトプットの割合はどれくらいですか?
英会話の上達には、アウトプットの機会を増やすことが大切です。
AIアプリを使って話す時間を蓄積するのもおすすめです。

日本人の英語学習量は圧倒的に少ない!

東京オリンピックを控え、日本の英語学習人口もグッと増えてきましたが…。
外国の人たちは、日本に英語を話せる人が少ないと認識しています。
外国で出会っても、日本に旅行をしてもそう感じることが多いのだそうです。
少なくともこれまで私が海外で出会ってきた人たちはそう言ってました。

裕福な国の部類に入る日本。
先進国として知られる国です。
今でこそ緩和の色が濃くなっていますが、外国人の受け皿が小さかった国。
これらのことが、日本人で英語が話せる人の割合が低い要因だと思います。
この先、裕福な先進国だったことがアダとなりそうな状況を懸念します。

言語は、その学習した言語を使うほどに身に付くものです。
私たちは、英語を日常で使う機会がほとんどない国で過ごしています。
つまり、必要性がとても低いという現状があります。

学校で学んでいた英語も実体験が伴わないので、リアリティのない(イメージが浮かばない)ものだったと思います。

英語が話せたらかっこいいな
英語を使って仕事がしたいな
色んな国の人と話したいな

でも、日本では英語を話さなくでも仕事は得られますし、生きていけます。
サボっても、1年後に身に付いてなくてもさほどの影響はなかったりします。
だから、日本人は英語の学習時間を確保しないのです。
確保したとしても、死活問題に関わってこないため圧倒的に少ないのです。

机上の学習に偏りがちな日本

日本人は机上の英語学習が得意です。
英語ができるようになりたいと思ってテキストを開く。
英語を話せるようになりたいと思ってノートをとる。

決して間違いではないのですが、そればかりでは英会話学習としては非効率。
机上の学習ばかりでは英会話の習得につなげることは難しいものです。
シャイな国民性の反映でもあると思うのですが。

何と言っても英語を活用(実践)する機会も少ないですからね。
どれだけたくさんの英語学習をしてもなかなか話せるようにならない…という人、多いですよね。もしかすると、一人完結できる=コミュニケーションでない学習に多くの時間をかけてしまっているのではないでしょうか。

英語の実践不足からの感覚不足

リーディングやリスニングの英語学習は、比較的熱心に行っている日本人。
せっかく知識はきちんと、しかもたくさんインプットしているのに、なかなかスムーズな意思疎通につなげられません。そこには、いろんな要因が考えられます。

その中でも一番のネックになるのは、感覚を習得できていないことだと思うのです。たとえば、恥ずかしがったり、間違いたくないと思ってしまったりということもコミュニケーション手段という感覚のレベルに達していなくて、テストなどの学習の感覚に留まっているからではないでしょうか。

英語独特の表現、英語の話の流れなどの特徴を掴めば、英語なりの「あ、うん」(?!)ともいえる意思疎通が可能になるのではないかと思います。
感覚というのは、教えるのは難しいので実践で自分なりに掴んでいくしかないんですよね。

学校で体感できるのはALTの先生と接するときくらいでしょうか。
外国人の先生やお友達、海外旅行などで会話する機会は、この感覚も培わせてくれるものなのです。

他の国はどの程度英語に触れているの?

新興国と言われる国には、さまざまな先進国や外国文化が入っています。
新興国の発展の一部は、周りの先進国のサポートや協力によるところも大きかったりします。つまり、その国には、外国人率が多いということです。

色々な国の人に対応する必要性もあり、そのような国では英語教育の開始も早いです。子供たちは学校で学んだ英語を、実生活の中でリアルに活用します。
英語のわからない親世代の通訳の役割を果たして助けていることもあります。

貧しい国では、多国語が話せることで仕事の収入がグッと上がる国もあります。日本人が英語や中国語、フランス語を話せることでのアドバンテージとはその差の幅が違うようです。みんなそれを目指して、英語(多国語)を身に付けることを意識しています。彼らにとっては、生活や生きることに関わる問題なのです。

先進国でも、さまざまな人種が入り乱れる国では英語の普及率は高いです。
共に住む人たちの共通語として統一を図るために使われるからです。
他国の人が多い国では、国の公用語になっていたりします。テレビ、ご近所さん、商業施設、役所でのやり取りなど、誰もが日常的に英語に触れています。

すべてを英語で習うインターナショナルスクール式の学校か、母国語で習う学校を選択できたりもするようです。また、普通の公立の小学校でも、英語の授業だけでなく、すべて英語で行われる算数があったり、社会があったり。
日本の英語授業の浸透度とは格段の差があることになります。

たとえば、シンガポールとか、インドとか、フィリピンとか。

このような国では、アウトプット重視の英語教育に重きがおかれるようです。
英語の読み書きはできないけど、話せるという人も多いように感じます。

これは、私たち日本人が日本語を習得したときと同じ流れです。
そして、私たち日本人の英語習得の現状とは逆の現象ですよね。

AIで英会話の実践機会をつくりだそう

英語を使う機会が少ない日本でも、英語を使う必要性は高まっています。
グローバル化もどんどん進んでいます。
日本語だけで企業のビジネスを進めることは、この先ますます難しくなっていくでしょう。英語を通じて自分自身をグローバル化して、自分の市場価値を高める必要のある時代になりました。

日本を訪問、日本に住む、日本で働く外国の人も、外国と関わるビジネスも、増加の一途をたどっています。
あなたは、英語のアウトプットの機会は得られているでしょうか。
アウトプットの練習時間を捻出できていますか?

教材やツール、スクールなど英語力を上げるための手段はたくさんあります。
しかし、日々、やるべきことを抱えていると、なかなかそれらに時間を割けないという人もいますよね。勉強しているという人も、読むだけ、聞くだけの学習に終始してしまうことも多いと思います。

英語のアウトプットの機会を提供してくれるAIアプリを活用しませんか?

英会話スクールに通ったり、まとまった学習時間を確保したりする必要はありません。効率的に時間を有効利用していつでも、どこでも簡単にアウトプット学習ができます。気軽に英語に触れる時間を蓄積していけるのです。

AI英会話アプリといっても、人間と対話するほどの精度には行き着いていないようです。それでも、リーディングやリスニングの学習ばっかり続けるよりは、何倍もの習得効果が見込めると思います。

発声することに慣れることで、実際に外国の人と話すことへのハードルはきっと下がると思います。

SpeakBuddy


SpeakBuddyは、一人でも、いつでも、どこでも英会話の実践練習を積めるAI英会話アプリです。英語教授法を基にして作られたスクリプトを活用して、キュートなキャラクターと会話を楽しみながら英会話ができます。

5分あれば完結できるシナリオが設定されているので、少しのスキマ時間に取り組むことができますよ。週に一回、ガッツリ1時間学習するより、毎日5分のスピーキング練習を始めてみませんか?

The following two tabs change content below.

Kan

英語は私の世界を広げてくれるもの。 本当はツールでしかないのですが、ツールで片づけられない影響力。 英語の勉強も英語での経験も面白い! そんな経験をシェアできたら、嬉しいです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。