ビジネス英語を上達させる視点:主語を意識しよう

英語の主語を使いこなして仕事をスムーズに進めよう!

ビジネス英語を上達させるための、ビジネスで使う英語に必要な視点をご紹介します。今回は、あなたの英語が変わるかもしれない「主語」の重要性と影響力をお伝えします。意識と実践で上達していきましょう。

英語上達のために「主語」を理解しよう

英語に主語があることなんて、そんなの当たり前じゃん!ですよね。
でも、抜けてしまうことが多いのが私たち日本人。
主語が抜けることよりも、意識できていないことが、仕事の進行を妨げる要因になっていくこともあるんですよ。

英語ではどうして主語が大事なの?

英語では、文章に主語があるのが基本。
一方で、日本語での会話は、主語がなくても大丈夫なことが多いです。

「日本語ではあまり使わない主語が、英語では必要なことを理解する」
これが英語を上達させるための、ファーストステージです。

英語圏と日本では、人との関わりに対する観念が違っています。
それぞれの観念は、もはや無意識だったりしますが、歴史や文化背景がもとになっています。

英語の文化は個人主義。視点は「相手にわかりやすく伝える」

異なる文化や習慣が関わり合い、選択や融合が繰り返されてきた歴史があります。意思疎通でも、人によって異なる捉え方の違いの差が大きいです。
責任の所在を明確にしたり、個の存在を主張したりする必要がありました。
そのために「主語」が重要だったのです。極端に言えば、個(人、文化、習慣)を守らないと、それは消滅することを意味していました。

日本語の文化は、集団主義。視点は、「相手に配慮し、共存を保つ」

日本は一つの文化や習慣が、その中の人たちに浸透してきた歴史があります。
英語圏とは違い個がなくなる脅威がないこともあり、共存を円滑に保つことに視点が向きます。その中から外れないように、もしくは、摩擦を起こさないための文化が築かれたのです。
一つの文化なので、生活の中での共通事項がとても多いのが英語圏との違いです。「主語」がなくても分かり合えることが多く、言語上では重視する必要がなかったのです。また、主語があると直接的な表現になり、摩擦を起こしやすいことから避けられてきたのも理由です。

この文化背景が、それぞれのコミュニケーションの取り方にも違いをもたらしているのです。このことを踏まえて、「主語を使う英語を身に付ける」のがセカンドステージです。

ビジネス英語は、相互理解・共通認識する英語力

英語圏の人たちは、主語があることが無意識に普通だということ。
日本人は主語がないことが無意識によくあるということ。

もともとの不一致があるんですね。
英語圏の人たちにとって主語のない英語は、不自然でわかりにくいものです。
これを理解して、合わせてはじめて、英語でのコミュニケーションが成立するのです。

通じても、相互理解にはなってない。
伝えても、共通認識にはなってない。

英語力の高い人でも、仕事を進めるのが難しいときがあります。
これが起きるのは、「主語」の欠如が原因になっていることもあるようです。
だから、セカンドステージでしっかり主語を使えるまで上達することが大切。

より深い相互理解と正確な共通認識を持つために「主語を適切に使い分けていく」というサードステージへの上達を目指す基盤を整えるのです。

ビジネス英語でも「主語」を意識したい理由

ビジネス英語ができる人ができていること

ビジネス英語ってどんな英語のことをいうのでしょうか。
私は以下の2つのことがメインだと思っています。

①専門用語や頻出用語をマスターすること
②ビジネス上で関わる人と一緒に仕事を円滑に進めること

①は、学校やテキストでも学習が可能な範囲かもしれません。
一つの分野や職種における専門用語や頻出用語は、一般的にはそんなに多くはありません。覚えて使っていくことには、それほど苦労はなかったりします。

問題は、②。
単なる「英語」ではなく「コミュニケーション上の英語」への意識が必要になってきます。仕事は、一緒に働く人、お客様、取引先の人など、他の人ありきでしか進むことはないからです。信頼を築いていく必要があります。

そのためには、
・相手に敬意を払い尊重すること
・相手のことを正しく理解すること
・ビジネスパーソンとしての品位を持つこと

これは、日本語での仕事でも同じですよね。
ここで、「主語」の使い方も影響を与えていくのです。

すべてに主語があるわけではない

主語が必要な英語で、主語のない英語は「不完全」な英語です。
実は、英会話の中で主語のない会話が行われることもあります。

それは、カジュアルなシーンです。
単語を何とか並べるだけで、通じることもたくさんあります。
命令文にも主語はありません。

ビジネスの中で、これらの英語を使うとき、何が起こるでしょう。

たどたどしいことは問題ではありません。
間違っていることも問題にはなりません。
このとき相手に伝わるものは、その人の品位なのです。

日本語の敬語で受ける印象に置き換えてみるとわかりやすいかもしれません。

・信頼できるプロフェッショナルかというイメージを左右することがある
・その瞬間には見えない、その人の環境や軌跡などの背景を映し出される

きちんとした英語とは、もちろん主語だけでは成り立ちません。
ただ、きちんとした英語とは、英語らしい英語です。
そのひとつの条件として、主語を抜かすことはできないのです。

英語の上達ポイント!ものは言いよう/主語は使いよう

主語の使い方によって何が変わるのか具体的にご紹介しますね。

英語と日本語の文化背景やイメージで、英語はストレートに言い放つものという認識を持たれることがあります。日本語では、敬語だけでなく、いろんな言い回しを使って相手に配慮しますよね。

覚えておきたいのは、英語にも相手を尊重し、配慮する視点があり、その時に応じた言い回しがされているということ。その時に、主語が結構、効いているのです。

相手の意見に賛成できない

同僚が大きな賭けともいえるような企画を考え話してくれました。
同僚は、明日の会議で提案する勢いです。

それを聞いて、社内の状況に照らすとタイミングも悪く、リスクも大きい。
どう考えてもうまくいくとは思えず、反対したかったとします。

You are wrong.
間違ってるよ。と言えば、YOUという主語が、同僚を否定の対象にします。

I wouldn’t do that.
自分ならやらないかな。と自分(I)を対象にすると、同僚を否定することが和らぐと思いませんか?

It may not be the best idea.
相手が考えたアイデア自体(It)を対象にする方法もあります。
同僚が考えたことや考え自体を尊重して、いい考えかもしれないけどベストではないかも、ということもできるでしょう。

相手のミスを指摘するとき

職場の人が作成した重要書類の中にミスを発見しました。
日本語だと、「間違っている気がするんだけど確認してもらっていいかな」
として、やんわりと伝えることができます。ここに主語はありません。

さて、英語なら、皆さんはどう伝えますか?

・間違いがあること
・その相手の間違いであること

この視点が抜けないと「You made a mistake.」が浮かぶでしょう。

しかし、こう言ってしまうと、相手に不快感を与えます。この前に「I’m afraid」や「It seems」をつけたとしても、あまり和らげる効果は見込めません。なぜなら、YOU(相手)という主語での責めが存在したままだから。

自己嫌悪、落ち込み、他責、言い訳、不平不満など、とにかく、いろんな不快感を与える可能性が出てきます。その問題自体から外れたものが多いです。

こんな時は、「There is an error in the A.」にするとYOUを消せます。
ここで、もっと和らげるために「seems」を使うのも有効です。
There seems to be an error in the A.
There was a misunderstanding.

お客様や取引先の人にも使えます。
相手の気持ちを考えた物言いは、仕事を進めるために大切なことです。
英語でも調整が可能で、必要なことなのです。

部下のミスを指摘するとき

部下からミスの報告があったとき、理由を聞いて解決しようとするでしょう。

What have you done?
何をしたの?
Why did you do that?
なぜ、それをしたの?
How did you do that?
どうやったら、そうなったの?

何気なく口にしてしまいそうですが、いずれもYOUが入ります。
これは、WHY?やHOW?だけで留めたとしても、単なる省略でしかないので、暗にYOUという主語の意味合いは含まれます。

さて、部下はどんな気持ちになるでしょう。
報告してきた部下は、自分の非はすでに認識しているはずです。
責められていることにしか意識が向かないでしょう。
この質問での回答は、解決策として的を射ていないことも多いです。

Why did it happen?
How did it come about?

こう言うことによって、部下は、おのずと経緯に目を向けることができます。

The following two tabs change content below.

Kan

英語は私の世界を広げてくれるもの。 本当はツールでしかないのですが、ツールで片づけられない影響力。 英語の勉強も英語での経験も面白い! そんな経験をシェアできたら、嬉しいです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。