キャリアアップにTOEICは必要?!海外・外資経験者が語る採用者目線のTOEIC

TOEICを採用担当者はどう見てる?知っておきたい隠れた視点

就職や転職で、希望する企業の募集要項にTOEICがあるとき、きちんと提示できていますか?
そのとき、採用担当者は、TOEIC記載の有無で英語力以外の部分も見ています。
応募の要件にTOEICスコアがあるなら、必ず記載して応募しましょう。
私がTOEICに助けられてきた変遷と、採用担当者の隠れた視点をご紹介していきますね。

就職・転職に関わるTOEIC

まずは、一般的に就職・転職にTOEICがどのように関係してくるのかを見ていきましょう。

TOEICスコアへの企業の注目度

国際ビジネスコミュニケーション協会の調査に対し、自社に英語が必要な業務があると答えた上場企業は75%(2013年)。現在では、上場企業だけではなく、中小企業やベンチャーにも広がりが見られます。

そして、人材採用でTOEICスコアを参考にする企業は、7割近くにも上ってるのだそうです。
日本にある企業が英語力を測る指標として、TOEICが主流になっていることは明らかです。

気になる世界のTOEIC認識

皆さんは、日本でメジャーになっている、このTOEICをどのように捉えていますか?
ご存知の通り、TOEICは、英語でのビジネスコミュニケーションの能力を測るテスト。
必然的に仕事とか、転職とか関わりが出てきます。
英語なので海外就職にも役立つもののように感じられます。

なのですが、TOEICスコアの価値が通用するのは、ほぼアジア圏に限られます。
ここでいう価値が通用するとは、たとえば、TOEICスコア950を見て
「結構英語できるんだな」とか「英語、勉強したんだな」
と、企業やその採用担当者などに認識してもらえるということです。

もっと言うと、日本ほどメジャーなのは、韓国くらいで、英語圏やアジア以外の国では、TOEICって何?というところも多いです。
日本をベースとしない企業や国で活躍したい人は、頭の片隅に残しておくといいでしょう。

ただ、TOEICの勉強が英語学習として役に立つか立たないかというのは、また別の話。
誤解のないようにお願いします。

TOEICは、こんな風に役に立ちました。

私は、英文科を出ているわけでもなく、日本で英会話スクールに通ったこともありません。
義務教育で身に付けた英語基礎力は、ほとんどの皆さんと同じだったと思います。
社会人になりたてのころは、話せない、書けない、そしてまったく必要もない。
TOEICは浸透してなくて、英語試験と言えば、英検くらいしか知りませんでした。

初めての英語、初めての海外

英語の世界を見てみたい…という、とてもあいまいな動機のもと、パスポートを取得。
初めての仕事を辞め、海外に語学留学とかこつけた大冒険。
そのときの英語力はというと、降り立った現地の空港で、ArrivalとDepartureの意味が分からなかったことを今でも覚えています。
→ これから海外に英語の勉強に行きたい人にとっては一番悪いモデルケースです。
→ まだ携帯電話もインターネットも普及していないという言い訳?を付けておきます。

海外インターンへの参加

帰国して数年、英語を使う仕事がしたいと思うようになっていました。
TOEICの存在を知ったのもこの時期、受験を開始します。

英語を使ったビジネス経験がないため、大難航。
英語で人と接する仕事がしたかったので、まずは経験を積むために、仕事の現場を経験する(座学なし)1年間のインターンシップを選択します。

日本のエージェントを介したため、その参加の要件にあったのがTOEICでした。
他の要件は不足があったのですが、スコア700前後だったので面接まで行けてのクリアです。
一つの仕事で、世界数十カ国からのお客様と英語で接する機会をいただきました。

外資系企業への入社

帰国して数年後、今度は英語のデスクワークの経験がないことに不足を感じ始めます。
正確には、英語でなくてもデスクワークがメインの仕事の経験がなかったのです。

つまり、ビジネス上の英語文書作成とかメールでのやり取りとかの実務経験がない。
インターンシップでもPC作業やメールもやりましたが、意味を調べたり、フレーズを検索したり、とにかく時間がかかることが気になっていました。

何でも、毎日の現場で強制的に身に付けるのが一番確実、と思ってしまう私です。
日本で英語を使うデスクワークの仕事への転職を試みます。
今ほど売り手市場やグローバル傾向も高くなく、応募した企業は、数十社。
いろいろな意味でレベルの低さが恥ずかしいのですが…。

翻訳や面接などいろいろな選考がありましたが、入社できた外資系企業の求人要項にもTOEICがありました。

実務経験レベルの低い私を面接まで導いてくれたのは、
TOEICスコアで面接に行けて通過できた海外でのインターンシップの経験。
そのインターンシップで英語力を磨けたこと。
そして、その時期のスコアが780前後だったということ。
これらがなければ、辿り着けていなかったかもしれません。

外資系在職中のTOEIC受験

外資系企業に入ってからは、会社から英語学習を求められることはありませんでした。
とくに、給与や昇格に影響するということもなく。
この時期が一番英語の読み書きの密度とスピードが上がっていきました。
なんといっても毎日、ですからね。

TOEICはスコアを上げるというよりも、日ごろのレベルチェックのつもりで、何一つ対策なしで、定期的に受けることを続けていました。そして、800を超え、平均で850くらいを行き来するようになります。
TOEICで英語力が上がったというよりも、TOEICの結果を知ることで、実務の中で英語力を培っている実感が持てていました。

海外現地で就職

外資系企業を退職し、海外に就職するときにはTOEICはいりませんでした。
しかし、英語学習と言えばTOEICにしか触れていなかった私は、思い知らされます。
もう、意思疎通に不自由を感じることはなくなってはいたのですが。
英語は通じても、成果がだせない、スムーズにことが運ばない…あれれ?

不自由がない、だから、学ぶべきことをずっとスルーしてしまっていたことに気付くのです。

今まで、ビジネスの中で必要とされる英語を「意識」できていなかったんだということ。
英語力というよりも、視点とか姿勢とか、捉え方とか、表現とか。
仕事上の英語の発信や受信は、これを意識するのと、意識しない(意識のしどころを知らない)では、大違いなのです。

書ける、聞ける、読める、話せるだけでは満たせない英語があることを知ったのです。
でも、そこに気付けたのは、このステージに立ったからだと切り替えました。
このステージまでの過程には、やっぱりTOEICスコアは必要だったよなーと思っています。

採用担当者はTOEICで何を見てるの?

多くの企業が採用時の英語力の目安として取り入れているTOEIC。
TOEICは資格でしかなく、本当の英語力は測れない…という声も見たり聞いたり。
確かに、TOEICスコアが高くても、英語が堪能とは限りません。
しかし、その英語力以外にも、採用担当者が見ているポイントがあるのです。

就職、転職で求職者が優先するべき視点

誰もがいい仕事、好きな仕事を求めて仕事を探します。
しかし、就職や転職は相手(企業)があって成立するものです。
就職や転職の際には、相手(採用担当者)の視点を重視することも成功の秘訣のひとつ。
その企業で働きたいのなら、相手の意向も汲み取らなければ受け入れてもらえませんよね。
相手の意向とは、他でもない募集要項に書かれている内容です。

TOEICスコアで見えるのは英語力だけではない!

募集要項にTOEIC700以上とあるなら、スコア700を取得して、応募書類に記載する。
当たり前に感じられる人もいるかもしれません。

でも、TOEICでは英語力は測れない=アピールにならない
そう捉えている人は、TOEICを受けないまま記載しなかったりします。

人気の職種や企業ほど、ライバルとなる応募者がいます。
選抜が難しいときほど、選考基準が極めて簡潔でシビアになります。

とくに英語力を必要とする仕事のある企業やグローバルに事業展開をしている企業なら、
TOEICのスコアを要項に提示した場合の、TOEICの記載の有無、もしくは、指定TOEICスコア以上か以下かでの取捨選択があっても不思議ではありません。

TOEICで測れる以上の英語力があったとしても、それだけのことで落とされる可能性があるのです。本当の英語力はTOEICスコアで測れないことを企業が承知していても。

これは英語力の問題ではありません。
それは、企業が提示していることを満たしていないからです。
もしくは、満たそうという意欲=その企業で働きたいという熱意が見えないからです。

企業が海外展開をしている、もしくは将来的な構想の中に海外進出が入っているかどうかは、企業研究をすれば分かることです。そのような企業では、英語を身に付けておくことは、自分にも企業にもプラスになることは明白です。TOEICは、そこに力を注ごうとしているかの意欲の証明。

逆に、英語が苦手だったり、英語アレルギーだったりの場合、仕事にも影響してきます。
今のスコアより、重視されるポイントかもしれません。
TOEICスコアは、英語に抵抗がないか、ブラッシュアップに努めているかの証明なのです。

そのような点を確認したい日本企業が、求人広告にTOEICの要件を掲げていることでしょう。
この動向を感知している人は、TOEICを受けないという選択肢はないはずと採用担当者は思っています。仕事力で言うなら、トレンドをキャッチする力すら見えてくるのです。

TOEICという英語テストの特徴をおさらい

TOEICは、誰でも受けられます。一年に何回もあります。
ものすごく遠い場所で行われるものでもありません。
手が届かないほどの高額な受験料でもありません。
もっというと、2、3か月ガッツリ勉強時間を確保すれば、スコアは上げやすい試験です。
他の英語試験で高得点を狙うことに比べれば、かなり難易度は低めの試験なのです。

なのに、受けない、書かない。
これだと、意欲がないと取られても仕方がないですよね。
簡単に受験できるTOEICを受けてないことで、採用試験に落ちるなんてもったいない!
せっかくの意欲や熱意が伝わらないって残念なことですよね。

 

Did you enjoy the blog?
Like me!

Get the latest.

Follow AISpeakBuddy on Twitter!

The following two tabs change content below.

Kan

英語は私の世界を広げてくれるもの。 本当はツールでしかないのですが、ツールで片づけられない影響力。 英語の勉強も英語での経験も面白い! そんな経験をシェアできたら、嬉しいです。

Leave a comment

Your email address will not be published.