英語での敬語や丁寧表現!日本の敬語とどう違う?

英語での敬語や丁寧表現には、日本語とは異なる視点と影響力があります

英語でも丁寧表現を使えるようになりたいですよね。
とくにビジネスシーンでは、日本語の敬語と同じく必要性を感じている方も多いと思います。ここでは、ちょっぴり異なる日本語の敬語と英語の丁寧表現のこと、丁寧な表現を使うことの意外なメリットをご紹介します。習得するメリットは、日本人に欠けたあのチカラ?!
英語コミュニケーションに積極的に取り入れてみてください。

英語の敬語や丁寧表現、日本語との共通点は

日本でのビジネスシーンでは当たり前に使われている敬語。日本語の敬語が丁寧な印象を与えるものという観点では英語にも同等の丁寧表現があります。まずは、英語と日本語の丁寧な表現の共通点を探ってみましょう。

フォーマルなシーンに適している

日本語の敬語も英語の丁寧表現も、フォーマルなシーンで使われます。
その場に相応しくない表現は、場違いな印象を与えることも共通点といえるでしょう。
フォーマルとは正式な場所。たとえば、会社、学校、公式のパーティーなどが代表的です。

どの状況でも歓迎されるとは限らない

丁寧な表現がいいといっても、いつどのような場面にも相応しいかというとそうではありません。
これも日本語の敬語と英語の丁寧表現の共通点です。相手に距離感や不快感を抱かせることもあるので、うまく使い分けていく必要があります。

適切な使い方の習得は場数がものを言う

日本語の敬語はとても複雑ですよね。英語の丁寧表現はというと複雑というよりも、一文の長さの種類がとても多いです。私もその使い分けには、迷いが生じることがあります。丁寧表現の特徴や語順を理解して、英語の実践で聞いたり使ったりする場数で感覚を養っていくのが先決。英語の丁寧表現も練習をこなしておくことが前提になります。

英語の敬語や丁寧表現は、日本語と視点が違う?

では、ここから日本語の敬語と英語の丁寧表現の視点の違いについてご説明します。今まで日本で使う敬語を一生懸命、英語で表現しようとしていた方にとって、英語の丁寧表現の使い方が変わってくるかもしれません。

相手が誰か?ではなく、状況での使い分け

日本語の敬語は、同じ場面だったとしても相手と自分の立ち位置によって使い分けますよね。
たとえば、職場の上司。部下に対しては敬語ではない言葉遣いのことがあっても、自分の上長やお客様には敬語を使うでしょう。そしてその部下も、上司に対しては敬語を使いますが、同僚や後輩に対してはカジュアルな言葉を使うことも多いですよね。

相手への尊敬の念を表す視点を持つのが日本語の敬語です。
ですから、相手優先で使用するかしないかが変わるというルールが見えてきますよね。

この相手によって使い分けるという視点が英語とは異なっています。
英語で丁寧表現を使うのは、相手が誰という点は日本語の敬語ほど重視されません。
極端にいうと、親が小さな子供に対して、依頼や謝罪をするときに丁寧表現を使うこともあります。
会社でいうと社長が新人社員にということもあてはまります。年齢やステータスに関係なく、人として、状況が低い姿勢であるべきときに丁寧表現が使われるのです。

したがって、英語での丁寧表現には、目下の者が目上の人に対して使うものというルールは存在しないことになります。

英語の敬語、丁寧表現は自己表現

英語で丁寧表現を使うときの視点は、相手ではなく自分です。相手が誰であろうと、自分をどのように見せるべきかで変わります。上記で挙げた、依頼や謝罪の状況では、低姿勢を表現します。日本語の敬語が、目下から目上の一方通行の低姿勢とは違うものです。

また、英語の丁寧表現は、低姿勢を表現するときだけでなく、自分の品格を高めるべき場面でも使用されます。商談、交渉やプレゼンテーション、面接でも有効になってくるのです。言葉が、その人の人となりや印象を決めるといっても過言ではありません。その印象をより良く、より高くするための表現方法として使われることのほうが多いのです。

英語の敬語や丁寧表現の特徴

では、英語の敬語や丁寧表現には、どのような特徴があるのかを見ていきましょう。日本語の敬語は複雑ではありますが、「これは敬語」「これは敬語でない」という定義がありますよね。英語の丁寧表現の場合は、敬語という定義はありません。

文章が長くなる

単純に丁寧さを測るなら、一文の長さで丁寧さの度合いが変わるといわれます。
なんと丁寧表現のパターンは10種類以上もあるのです。その差を見比べてみましょう。

1. Come here.
2. Please come here.
3. Will you come here?
4. Can you come here?
5. Would you come here?
6. Could you come here?
7. Do you mind coming here?
8. Could you possibly come here?
9. Would you be able to come here?
10. I wonder if you could come here.
11. I was wondering if you could come here.
12. Would it be possible for you to come here?
13. Would you mind if I asked you to come here?
14. I was wondering if it would be possible for you to come here?

命令形にもなる1と14の長さはかなり違いますよね。

譲る表現になる

英語の丁寧表現は、どちらかというとマナー的要素が強く、態度、姿勢、感情をどのように言葉で表現するかにかかっています。「ハートをどれくらい使えるか」でどれくらい丁寧な表現ができるかにも現れてくるようです。

たとえば、上記の例文でも、丁寧表現には奥に心遣いが隠れています。

Please come here. は命令文+Please。
どちらかというと、そうすることが当然というニュアンスがあるそうです。

Could you possibly come here? は、Canを過去形にしたCould youにpossiblyを付けています。このことで、相手の判断に50/50の余地を与え、相手の断り易さにつなげる意図が含まれています。

I was wondering if you could come here. になると、wasやcouldが過去形になり丁寧さが増しています。ためらいがちな依頼のようなときに、伝えるかどうか悩みつつも伝えるという感が出ます。

英語の敬語や丁寧表現を使えるメリットとは?

日本の敬語は、ビジネスシーンでも日常的な必須の要素ですが、英語は年中というよりも「ここぞ!」というときに活用する価値が高まると私は感じています。その「ここぞ!」の効果とはどんなものがあるかご紹介しますね。

品格や自信が伝わる

毎日、毎回使わなければならないというわけではない英語の丁寧表現。
どうしても欲しい契約、商談、就職の内定、そこで獲得するべきは信頼です。カジュアルな表現「しか」使えないとなると、品格、スキルや能力、仕事の質も低い印象を与えてしまうのです。

丁寧表現を使いこなせることは、自分のバックグラウンドを伝えることともいえます。自信が持てるほどに努力したこと、品格の高い人たちとの接点を築いているだろうこと、丁寧表現が必要なレベルのビジネスをこなしてきたこと、つまりはプロフェッショナル性を感じさせるのです。確かに言葉だけでは進められませんが、印象がビジネスの行方を左右することは重要な場面ほど多いと考えます。

ここ一番で冷静さをキープ

大事な場面で使いたい英語の丁寧表現。そんな時は決まって緊張感が高まっているのではないでしょうか。それでも冷静にコトを進める必要があるとき、英語の丁寧な表現が、自分や相手が感情的になることを抑制する役目を果たしてくれます。

もし、相手が感情的になったとしても、アワアワすることなく対処しやすいんですよ。どんなに憤っていても、どんなにエキサイトしていても英語の丁寧表現を使うとクールに聞こえてしまうから不思議です。

その心遣いはきっと伝わる

相手を敬うことを表現する日本語の敬語に対し、英語の丁寧表現は、相手への配慮を表現できるものだと思います。長いから、慣れないからと敬遠する人もいるかもしれませんが、どんなに拙くても気遣いは通じるはずです。積み重ねが信頼のコミュニケーションにつながっていくのだと思います。
関係がスムーズになったり、相手に喜んでもらえたりするシーンが増えていくと思いますよ。

まとめ

ビジネスのプロフェッショナルは、総じて低姿勢で丁寧といわれることがあります。イコール、品格の高い印象を自他ともに根付かせているのかもしれないですね。

カジュアルでフランクな英語も日常会話では役立ちますが、これを機に、英語の丁寧表現もトレーニングしてみませんか?

The following two tabs change content below.

Kan

英語は私の世界を広げてくれるもの。 本当はツールでしかないのですが、ツールで片づけられない影響力。 英語の勉強も英語での経験も面白い! そんな経験をシェアできたら、嬉しいです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。