脱・カタカナ英語!その一歩は?

こんにちは、珠野あさみです。

突然ですが、日本人は
数学ができないというコンプレックスは学校を卒業したらみなさん忘れてしまうのですが
英語はできないというコンプレックスは生涯持ち続ける人が多いようです。

英語初〜中級者が英語にコンプレックスを持つ理由は簡単です。

カタカナで英語を学び、バカになれないから。

カタカナ英語の功罪

外来語を柔軟に受け入れてきた日本語は、今や「カタカナ辞典」に50000語以上が収録されるほど、カタカナ語が増えました。

そして、外来語をカタカナで言いなれてしまっているため、

「ドライヤー」を ”dryer”と発音するのに労力を使わないので、発音は上達しないのです。

発音が上達しないということは、リスニングも上達しません。

また、同じ学習者たちもカタカナ英語を理解してしまうという安心で、発音を上達する必要感もありませんでした。

英語の発音に真面目に取り組めなかったのは
「英語を習い始める時期が、人目をとっても気にする思春期からだったから」
という理由もあります。

今は、人目を気にしないで学習するチャンス

英語の苦手意識が高い日本人にもう一つある特徴は、「バカになれない」ということでしょう。

人目を気にして生活する
出る杭は打たれる
人に迷惑をかけてはいけない
人より目立ってはいけない
みんな一緒でないと不安だ

集団帰属意識の強い日本人は、多くの人が英語に対してコンプレックスを持っている中、
一人だけがむしゃらに(バカみたいに)発音を良くしようと取り組んで目立つのを極力嫌います。

それでは、結局英語に対してコンプレックスを持って上達しない多くの人と同じで終わってしまいます…。

でも、もう大人なので、英語で出る杭になりたいですよね!
それには発音を上達させることが近道です!

脱・カタカナ英語の一歩を踏み出そう

今日からカタカナ英語から抜け出しましょう。

簡単です。

最初の一歩は
「カタカナ語に出会ったら、そのカタカナを英語で発音練習してください」

「ドライヤー」 だったら ”dryer”
「プリペイドカード」を”pre-paid card”
「リコール」を”recall”

と、目にした時には英語の発音でしてください。
発音がわからないときは、メモしておいて、
ウェブ辞書や電子辞書などに発話させてみましょう。

今日本語にある50000語のカタカナ語を英語の発音で話せれば、相当発音が良くなりますよ!
学習は机だけでするものではありません。

発音チェックにもなる音声認識英会話アプリ『SpeakBuddy』

SpeakBuddyは、音声認識をしてくれる無料英会話アプリです。
あなたが話す英語音声を認識して、正しく言えているかどうかを判断してくれるんですよ。

スマホがあれば、どこでも好きなところで英語らしい発音ができているかをチェックできます。

正しく聞こえなかったところだけ、色が変わるので、自分が苦手な英語の発音もすぐにわかり、修正できてオススメです。

発音を正しくするために、英会話教室に行かなくていいんです!

カタカナを英語っぽく発音したり、SpeakBuddyを使ったりして、少しずつ発音を上達させていきましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でAISpeakBuddyをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

Asami Tamano

中学生から英語を学び始めた典型的日本人。TOEIC950点と英語検定準1級を独学で取得した体験と英語学習者5000人以上を見てきた経験を元に、英語を学ぶ方を励ますような記事を書いていきます!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。