起業家にオススメの洋書

pexels-photo-30267

なかなかしんどいですが、洋書はできるだけ原文で読むようにしています。訳書は翻訳する人によって、読みやすさがかなり異なりますし、原文のニュアンスをできるだけ捉えたいのと、英語の勉強にももちろんなるので。

では、どんな本を読めばいいのかと悩む中で、トップ起業家が推薦するビジネス書ベスト15というランキングを見つけて、これを参考に買ったりしています
[blogcard url=”https://www.eofire.com/top-15-business-books-recommended-todays-top-entrepreneurs/”]
今回は自分が読んだビジネス洋書をオススメ順にご紹介します。

Rework / Jason Fried

スタートアップのバイブルになり得ると思います。Ruby on RailsやBasecampで有名な37sinaglsの方が書いた本です。こちらは「小さなチーム、大きな仕事」訳書も作られているのですが、英語が平易だというのに加え、全トピックの挿絵が優れているので、洋書をかなりオススメします。
[blogcard url=”https://www.amazon.co.jp/Rework-Jason-Fried/dp/03074635″]

Disciplined Entrepreneurship: 24 Steps to a Successful Startup / Bill Aulet

起業の教科書と言えるような本です。ただ、Disciplinedと書いてある通り、この24ステップを全て教科書通りやると膨大な時間がかかるので、重要なところだけかいつまむ要領の良さは必要だと思っています。分かりやすい英語ですし、オススメです。時間の有る人には大変良い本だと思います。時間がなければケーススタディのところは飛ばして読んでも良いと思います。
[blogcard url=”https://www.amazon.co.jp/Disciplined-Entrepreneurship-Steps-Successful-Startup/dp/1118692284/ref=sr_1_1?s=english-books&ie=UTF8&qid=1481469668&sr=1-1&keywords=Disciplined+entrepreneurship”]

Just Start: Take Action, Embrace Uncertainty, Create the Future / Leonard A. Schlesinger

上のDisciplined Entrepreneurshipと対極にあるような考え方の本です。不確実性の時代の中では「とにかくやってみろ」ということです。起業したいけど悩んでいるという人にオススメの本です。既にやっているという人は上の本を読んで下さい。
[blogcard url=”https://www.amazon.co.jp/Just-Start-Action-Embrace-Uncertainty/dp/1422143619/ref=sr_1_1?s=english-books&ie=UTF8&qid=1481470228&sr=1-1&keywords=just+start”]

Screw It, Let’s Do It / Richard Branson

ヴァージングループの代表にして冒険家のリチャード・ブランソンさんの本です。和訳すると、「うるせえ、やろうぜ!」ということになるでしょうか。内容は忘れましたが、熱くなれる本であるのは間違いないです。薄いのですぐ読めます。
[blogcard url=”https://www.amazon.co.jp/Screw-Lets-Do-Lessons-Life/dp/0753511673/ref=sr_1_1?s=english-books&ie=UTF8&qid=1481470454&sr=1-1&keywords=screw+it+lets+do+it”]

Art of Non-Conformity

「1万円起業」のクリス・ギレボーさんの本です。「常識からはみ出す生き方」という訳書になっているようですが、自分は洋書で読んで彼の考え方や言葉に凄く心を動かされたので是非洋書で読んで見て下さい。
[blogcard url=”https://www.amazon.co.jp/Art-Non-Conformity-Rules-Change-World/dp/1873262760/ref=sr_1_5?s=english-books&ie=UTF8&qid=1481470045&sr=1-5&keywords=chris+guillebeau”]

The 5 Most Important Questions

ピータードラッカーの本です。非常に薄いですが、エッセンスが詰め込まれていると思います。Amazonで見つけられませんでしたが、薄いペーパーバックで売っています。良書です。

The Daily Drucker

これもドラッカーの本です。1日1ページで読み進められます。
[blogcard url=”https://www.amazon.co.jp/Daily-Drucker-Insight-Motivation-Getting/dp/0060742445/ref=sr_1_1?s=english-books&ie=UTF8&qid=1481470759&sr=1-1&keywords=daily++drucker”]

The Hard Thing About Hard Things / Ben Horowitz

こちらは有名なので今さらですが、ハードシングスです。起業家必読ですね。
[blogcard url=”https://www.amazon.co.jp/Hard-Thing-About-Things-Building/dp/0062273205/ref=pd_sim_14_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=QWV45YP2FAY6MX6BJZC1″]

How to Win Friends and Influence People / Dale Carnegie

こちらも有名ですね。デールカーネギーの「人を動かす」です。洋書は小さくて、800円と安いので、買いやすいと思います。ただ、英語は少し難し目です。
[blogcard url=”https://www.amazon.co.jp/How-Win-Friends-Influence-People/dp/1439199191/ref=sr_1_1?s=english-books&ie=UTF8&qid=1481469338&sr=1-1&keywords=how+to+win+friends”]

The Lean Startup / Eric Ries

言わずもがなのリーンスタートアップですね。これはニュアンスよりもBuild-Measure-Learnの体系で、MVPを計測してプロセスを回すという理解ができればいいですし、前半を読めば理解できるので、訳書でもいいかなと個人的には思っています。
[blogcard url=”https://www.amazon.co.jp/Lean-Startup-Entrepreneurs-Continuous-Innovation/dp/0307887898″]

The 7 Habits of Highly Effective People / Stephen R. Covey

「7つの習慣」です。結構なボリュームなので読んだ部分は飛び飛びになってしまっていますが、やはり良書なのでご紹介しておきます。
[blogcard url=”https://www.amazon.co.jp/Habits-Highly-Effective-People/dp/1416502491/ref=sr_1_1?s=english-books&ie=UTF8&qid=1481469478&sr=1-1&keywords=7+habits+of+highly+effective+people”]

他にも有りますが、今日はこの辺にしておきます。もし趣味が合うという方がいらっしゃいましたらFacebookなどでご連絡下さい!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でAISpeakBuddyをフォローしよう!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。