TEDで英語学習 オーケストラ指揮者から学ぶリーダーシップ

young-girl-enjoying-moment-and-looking-over-the-city-of-san-francisco-picjumbo-com

オーケストラ指揮者から学ぶリーダーシップ

Lead like the great conductors
Itay Talgam

An orchestra conductor faces the ultimate leadership challenge: creating perfect harmony without saying a word. In this charming talk, Itay Talgam demonstrates the unique styles of six great 20th-century conductors, illustrating crucial lessons for all leaders.

 

様々なリーダーシップの形

厳格な指揮者、細かい指示を出さない指揮者、様々なスタイルが紹介される中、自分自身はどういうリーダーになりたいか考えさせられる動画です。

自分もこの動画のムティのようだったこともあります。ただ、それでは短期的に思うようにできても、長期的に良い雰囲気にならないです。

仲間と「楽しみながら最大のパフォーマンスをあげる」、そんな理想を実現できるようなリーダーシップを身につけていきたい。

鍵は適切な「責任」と「信頼」を持ち続けることだと感じています。

「適切な責任」とは?

ムティという厳格な指揮者が悪い例として紹介されますよね。ただ、彼の言う”Because, I’m responsible.”という気持ちは非常によく分かるのです。

起業家も、投資家への責任、お客様への責任、を感じずにはいられません。

ただ、責任を過度に受け止めすぎると、メンバーへの当たりがきつくなったり、ストレスで逆効果になってしまいます。開き直って無責任になってしまうのであれば、人の期待を預かる資格は有りませんし、結局自分の成し遂げたいことにも届きません。

自分自身、この「適切な責任」の見つけ方は模索中ですが、両方向にふれながらいつか収斂していくものと信じています。

「適切な信頼」とは?

「根拠のある信頼」が大切と最近思っています。

根拠なく任せたりするのではなく、「彼らならこれくらいできる。」という任せ方です。

指示が曖昧な相手は信頼している証拠です。信頼できる仲間に恵まれているなと改めて思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でAISpeakBuddyをフォローしよう!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。