AIスマホって何?

google pixel

2017年と年も開けて昨年から色々と出てきているAIですが、やっぱりきましたAIスマホ。といっても、iPhoneなんかはsiriが入ってるのですでにAIスマホと呼んでもおかしくないような気もしますが…。
[blogcard url=”https://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXMZO10204600S6A201C1000000/”]

[blogcard url=”https://kakakumag.com/pc-smartphone/?id=4584″]

 

内容を読んでみると音声で操作できるということですが、これってiPhoneのsiriと何が違うの?というのは置いておいて、先日のGoogle翻訳でもその驚異的なAIによる翻訳能力を見せてくれたGoogleだからこそ非常に期待したいところではあります。

 

音声操作ってどうなの?

とは言え、室内での音声操作というのはまだかろうじてわからなくもないのですが、GoogleGlassのときもそうでしたが、『OK!Google.』の様にスマホに話しかけるってどうなの?と、まだまだ未来?のあり方には違和感しかない私でございます。そのうち当たり前になるものなのでしょうか?

街中を歩いていて昔に比べればスピーカーフォンで話をしている人を見かけるのが珍しくはなくなっており、個人的にもイヤホンでのスピーカーフォンというのは便利だと思うのですが、動作指示を音声でするというのはどうにもまだまだ腑に落ちにくいものです。

じゃあ、なんだったらいいの?

と、AIによる音声操作をdisって放置というわけにもいかないので、個人的にAIスマホというからにはやってほしいことはズバリ!虹彩認証と、動作学習。

虹彩認証はそのままですが、指紋認証で指紋をかざすのはまだまだ面倒なので虹彩で認証してくれると、スマホに出来るんだから他でも出来るでしょ?ということで、様々な認証装置が虹彩認証になってくれるんじゃないかな〜と思うわけです。

そして動作学習。これは、これからどんどん改良されていくものだと思うのでとりあえずは、よく使うアプリとか使わないアプリを自動でセッティングしてくれると良いなと思います。よく使うからTopページに持ってくるとか、勝手に消してくれるとかね。

AIスマホの今後

と、パッと考えてみてAIにスマホ上でやってほしいことってあんまりないなと改めて思うとともに、基本的にはスマホというよりもOSが何をやってくれるかということなので、音声操作というのはわかりやすいから前面に出てるだけなんだろうなと思うわけです。実際にAIが行ってくれることっていうのは、明確にわかりにくいごくごく細かなことが良いなと思うわけです。例えば、1画面内に表示される文字の大きさや文字間などの自動調整をやってくれるとか、目に優しい色の強さや色合いに合わせてくれるなど、全然気づかないと思うけど、こういうのをやってくれるだけで充分です。

と、まぁ、何の脈絡もない話となってしまいましたが、テクノロジーの進化とは本当にびっくりするぐらい早いものだなと、10〜20年前を振り返ってみて改めて思うのでした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でAISpeakBuddyをフォローしよう!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。