幼児期の英語教育、どうしたらいい?

pexels-photo-99603

こんにちは、Ichika@アラフォー英語やり直し主婦です。

 

子供の覚える力ってすごい!

我が家の末っ子長男、Sumは今年4歳になりました。

毎日幼稚園でお友達とたたかいごっこをしています。
TVの戦隊もの、電車やポケモン、妖怪で頭のほとんどが占められているようです。

日本語でもまだうまく言い表せないことが時にある彼ですが、この3歳から4歳くらいの子供の記憶力というのはすごいものだなと感じます。
細かい分類みたいなものがすごい勢いで頭に入っていきますよね。車や電車の種類とか、ポケモン百種類だの仮面ライダーの種類だの、ちょっとした違いや複雑な名前も次々吸い込むように覚えていってしまいます。
(特に男子はコレクション好きな傾向があるようで、これが長じるとAKB好きとかになるのかな…なんて思いますが。)

そんな我が子を見ていると、「もしかしてこの子天才?!」とか、「今のうちにいろんなことを覚えさせるのがいいのでは?!」と思うパパさんママさんもいらっしゃることでしょう。
私も自分の凝り固まった頭を鑑みると、頭の柔らかいうちって大事だなあと思うことがあります。

 

4歳で英検3級が可能になる英語教育

しかしいくら子供に可能性があるといっても、4歳で英検を受けるなんてありでしょうか?
それができる勉強法がある、というのがこちらの記事です。
[blogcard url=”https://www.excite.co.jp/News/column_g/20161111/Urepia_66213.html”]
全員が同じ試験を受け、ビジネス英語が扱われるTOEICと比べると、レベル分けされている英検の方が子供にとっては受験しやすいですね。とはいえ、高校入試レベルの英語というのは無理なのではないかと思ってしまいます。

こちらの記事のメソッドを簡単に言うと、何年もかけて簡単な英語のわらべ唄を歌ったり、アルファベットを書けるようになったりということをいくらやっても、英語の能力として身につかない、ということです。

親子間のコミュニケーションのひとつとして

なるほど、到達目標を知ることは大切ですよね。

この英語学習の前提として、まず母国語である日本語の理解と、コミュニケーション能力を親子が備えていることが必要になってくると思います。
日本語でわからないことが、英語でわかるはずはない、確かにそうですね。

子供は赤ちゃん言葉だけ聞いて日本語が話せるようになるわけではないですよね。大人の会話や、TVのニュースで流れる言葉など、さまざまなインプットがあって、「こういう使い方かな?」「あれに似てるから同じ意味か?」と使い方を覚えていくのだと思います。

「子供にこんな難しい言葉は通じない」と決めつけてしまわずに、しっかり伝えようという姿勢なら、難しい言葉でもそれなりに子供は受け取ってくれることでしょう。

廣津留さんの言う「未来人に文字を紹介して楽しんでもらう」というスタンスは素敵ですね。子供の柔らかい頭と心を真似た方がよいのは大人の方なのかも!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でAISpeakBuddyをフォローしよう!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。