エンジニアやプログラマーは英語力をつけて仕事力UP!

英語力次第で仕事の幅や質が変わる!エンジニアやプログラマー

エンジニアやプログラマーは、英語力次第で仕事の幅や質が変わってきます。
IT職種での英語の必要性と英語力を高めるメリットを知る価値は大きいはずです。
エンジニアやプログラマーならではの英語の磨き方も触れていますので参考にしてください。

ITエンジニアやプログラマーの英語の必要性

ITエンジニアやプログラマーはパソコンに向かって作業するイメージが強いですよね。
IT分野の職種は数多くあるのですが、英語力は必要なのでしょうか?
気になるところだと思います。
結論をいってしまうと、ITの職種と英語は切り離せない時代に突入しているようです。

クライアントに英語で説明

グローバルに展開する企業が増え続けています。
ITエンジニアやプログラマーはどこででも活躍しやすい職種の類に入ると思います。
その分、海外との接点も多くなる職種なのです。
たとえ日系企業でも、どこで海外との接点が生まれるかわからなくなってきています。

クライアント企業が日系企業でも、担当者が外国人ということもあり得ます。
海外拠点へのシステムの導入時に現地とやり取りをするときの相手が現地の人かもしれません。
どこかの一部の話ではありません。
すでに多くのエンジニアやプログラマーが、外国人との交渉や折衝を経験しています。

チームメンバーとの英語での連携

うちの会社は日本人ばかりだから、英語は必要ない…が通らなくなってきています。
すでに、多くの外国人がIT企業で働いています。
同じチームのメンバーが外国人ということもごく普通のことになってきました。

日本なんだから日本語でいいじゃん!
そう思うかもしれませんが、どちらに合わせるのが現実的で時代に即しているでしょう。
相手が外国の人なら、自分が英語ができることで、より進めやすいこと、より内容がわかりやすいこと、何よりお互いを理解し合うことに役立つという視点を持ちましょう!

自分が英語ができないことで、スルーされることや重要なことが省かれることは、一緒にいい仕事をしていくためにも避けたいと思いませんか?

ITエンジニアやプログラマーにはどんな英語が必要?

ITエンジニアやプログラマーには英語力が必要ということをお伝えしました。
では、どんな英語力があれば、これらの仕事をこなしていけるのでしょうか。
実際には、アカデミックで高度な英語力は要りません。
意思疎通が難なくこなせて(それが難しい?)コミュニケーションに支障がないことが理想です。

コミュニケーションとしての英語

エンジニアやプログラマーの仕事では、通常の会話に出てこない用語や言い回しがたくさんあります。いわゆる専門用語、独特の言い回しについては、IT業界でコミュニケーションを取っていくためには必要です。

これは、IT業界の場合、記号的なものが多いので、すでに英語という括りと捉えずに使っている人もいるでしょう。しかし、和製英語も多いので確認しながら使っていくようにしましょう。

それよりも肝心になるのは、通常の意思疎通が可能かどうかです。
たとえば、質問したり、逆に回答したり。
交渉したり、詳しい要望をヒアリングしたり。
結局のところ、IT職種の人でも英語が必要となるのは、人とのコミュニケーションです。
相手はクライアント、もしくはチームメンバーなのです。
これが、IT業界でもっとも必要となる英語です。

わかるまで英語で粘るというマナー

エンジニアやプログラマーに必要な「英語力」として、きちんと理解できるまで聞くことが大切です。わかったような聞き方をして、結果が伴っていないとビジネスに支障が出てしまいます。
ただでさえ、たくさんのテストを通して改善を繰り返すITの仕事。
やり直しや修正に意思疎通の弊害があるとさらに工数を増やし、進捗を滞らせてしまいます。
信用問題にも関わってくることは否めません。
英語ができないことや、成果を出すITスキルがないことでの損失ではありません。
きちんと相手の要望を「聞けない」ことが、相手に不信感を抱かせてしまうのです。
わかるまで聞く、何度も聞き返す、ぜひ、持っておきたい英語マインドです。

読めるだけでもかなり違う

エンジニアやプログラマーにとって英語が役立つシーンは、人とのコミュニケーションの場だけではありません。
リーディングのスキルを上げることも、エンジニアやプログラマーのスキル向上を助けます。
ITの知識は世界中に溢れています。
IT業界は、その新しい知識が急ピッチで移り変わってしまうという特徴があります。
世界中で新しいIT言語が生まれ、新しいビジネスやシステムが次々に登場しています。
過去に身に付けたスキルだけでは、とうてい追いついていけないでしょう。
日本で生まれている最新情報は、ごくわずかです。
しかも、日本で生まれたものは、日本という狭い市場用であることも少なくありません。
最先端の情報にアプローチするにも、英語は欠かせなくなっています。

世界のITエンジニアが英語で技術や知識を磨いている

ここで、少しだけ世界のエンジニアやプログラマーたちの状況をご紹介します。
英語圏だけでなく、非英語圏の人たちも英語でITスキルを磨いています。
リモートでも可能な仕事という特質が「ITは学びも仕事も英語で」という状況をさらに浸透させているのです。

ノンネイティブのプログラマーたち

世界の中の英語使用者人口を見ると、その中のネイティブの割合はほんの一握りということをご存知でしょうか。

世界の全人口はおよそ73億人。その中でネイティブとノンネイティブを含めた英語を使用する人は、17.5億人。英語圏の国を全部合わせても4億人より少ないです。残りの13億人は、私たち日本人を含めたノンネイティブです。

それだけ英語が使われている範囲が広いということです。
ITも同じく世界中に広がっているものです。

日本人と同じように、英語を母国語としないプログラマーは海外に数えきれないほどいます。
世界各地で生まれる知識やシステムを、世界各地のIT技術者たちは取り入れているのです。

知識習得やリサーチのために、オンライン講座を活用したり、世界のプログラマーのコミュニティで情報交換したりしています。そして、そこで使われる言語が英語なのです。

頑張れ!日本のITエンジニア

日本の市場は、全体的に縮小傾向にあり、国内事業だけでは生き残れないという懸念があります。また、IT企業というのは、もともと海外展開を視野に入れていることも多いです。

IT技術者の不足が顕著な日本ですが、今後どんどん外国人のIT技術者たちが日本で採用されていくでしょう。日本のエンジニアやプログラマーの皆さんも、負けてられません。

知識やスキルはもちろん、彼らとのコミュニケーションのためにも英語は必要のようです。

英語に強いエンジニアやプログラマーのメリット

ここで、エンジニアやプログラマーが英語に強いとどんなメリットがあるのかを紹介します。

グローバルレベルの最新情報をキャッチできる

オンライン上なら、世界中から情報を得ることができます。
特定サイトだけでなく、講座を受講したり、ホワイトペーパーを入手したり。
コミュニティの中でも、知らないことをたくさん吸収できるでしょう。
日本や日本語の情報だけでは「まだ」得られていない最新の情報がたくさんあります。

活躍の場がグローバルレベルに広がる

仕事を得る場所も機会も広がります。
海外に出ても、日本にいながらでも活躍することができます。
日系企業、外資、海外企業、そしてフリーランス。
国の括りを超えて、エンジニアやプログラマーとしての選択肢が増えるでしょう。

エンジニアやプログラマーにおすすめの英語学習法

では、エンジニアやプログラマーにおすすめの英語学習法をご紹介しますね。

世界のエンジニアたちと交流をしよう

とにかく身に付けておきたいのは、コミュニケーションで意思疎通できる英語力。
実践で英語を活用する機会を持つことが一番です。

その中にIT言語やIT業界の独特の言い回しなど、ITの内容が含まれているのがベスト。
と考えると、IT技術者のためのQ&Aのコミュニティに参加してみるのもおすすめです。

英語での質問や回答を教材にするんです。
もちろん、自分で質問してみてもいいですね。
そうやって実践で、仕事上での英語のやり取りの感覚を掴むことに役立つでしょう。

オンラインの講座も山のようにありますから、新しいことを学ぶ際に活用してみてください。
確かにすべて英語での受講は難易度が高いです。
説明される知識やスキルを習得するのに何倍もの時間がかかるかもしれません。
でも、ITと英語を完全に別ものとして学ぶより、価値は高いのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.

Kan

英語は私の世界を広げてくれるもの。 本当はツールでしかないのですが、ツールで片づけられない影響力。 英語の勉強も英語での経験も面白い! そんな経験をシェアできたら、嬉しいです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。