あなたは大丈夫?間違えやすい英文法や知識

今まで使っていた英文法や単語の使い方、実は間違っていませんか? ここでは今まで知らなかった英語の豆知識も含めご紹介したいと思います。

みなさま、こんにちは。

本日は多くの人が間違えている、あるいは今まで知らなかった、英文法等をご紹介したいと思います。
ビジネス英語は日常英語と違い、文法やスペルの間違いにも気を付ける必要があります。社内、顧客、または転職の際のメール等に文法やスペルミスのエラーが無いことは大前提です。

これから紹介する間違えの例文の中に、今まで使っていたものはありませんか?
では、さっそく始めたいと思います。

間違えやすい文法

ここでは例文を挙げ、どちらの文法が正しいか見ていきたいと思います。

第1問

下記の例文は同じ意味ですが、どちらの文法が正しいと思いますか?

I am having trouble to use this computer.
I am having trouble using this computer.

答えは、上の文章です。
下記の例文の様に、”to have trouble” または “to have difficulty” の後にくる動詞は必ずingになります。

I am having difficult finishing my homework
I am having trouble seeing the road
I am having trouble doing this assignment

第2問

We need to take a decision about where we want to live.
We need to make a decision about where we want to live.

答えは、下の文章です。
これは知っている!という方が多いと思いますが、ビジネス英語が初級の方ですと”take a decision”としている方が多くいます。
“make a decision” または”make a choice.”の様に”make”と”do”を間違えている方は結構いますので、良く使用するものを下記に表しました。

Make a decision
Make a deal
Make dinner
Do the dishes
Do your chores
Do your best

第3問

I am interested to find a new hobby.
I am interested in finding a new hobby.

答えは、下の文章です。
下記の例文の様に、”I am interested in “の後は必ず-ingフォームです。その他にも必ず-ingフォームにするものがありますので挙げてみました。

I am interested in cooking
I am considering taking a new job
We can’t imagine living in a rural area
I quit smoking one year ago

第4問

We have to take care about our finances for our new life in the US.
We have to take care of our finances for our new life in the US.

答えは、上の文章です。
“to take care of”と” to care about “ではニュアンスの違いがあります。
下記の様に”to take care of”はある一つの事柄に向けられているのに対し、” to care about “はある事柄を全般的に心配しているイメージです。

To take care of-
Tom takes care of her travel plans.
Christine takes care of her baby.
To care about-
She cares about her parents’ health.

“Its”と “It’s” の違い

“It’s”は下記の様に、人や動物の所有格を表す時に使用します。

It’s my diary.
Lucy’s PC skill is better than Samantha’s.

“Its”はI, my, me, mineの様に“Its”は代名詞 it の所有格です。この場合は“Its”と、アポストロフィを付けません。
That mobile doesn’t work, because its battery is broken.
Look! The bird is using its leg to eat a cookie!

He,She,They,どれを使う?

一人の事を指している(話している)場合は“they”や “their”の使用は避けましょう。良く見られる例がheまたはsheか分からない(性別が不明な場合)に“they”や “their”を使用する方が多くいます。下記の例の様に性別が分からない場合は“their”を使用せず“his or her “ や“their own “または代名詞を入れないようにしましょう。

“Each person submits their own time card,”
“Each person submits his or her own time card.”
Each person submits a time card”
“The people all submit their own time cards.”

知っておくとすごい!?英語の知識

役職を書く時には?

役職は大文字と小文字の場合があります。今ではあまり気にする人はいませんが、知っておくと一目置かれること間違いなしです!

氏名の直前に来る役職は大文字
We asked Director Lim to join us at the meeting.

氏名の直後に来る役職は大文字
Ms. Petersen, chairperson, will join us at the meeting.
Ms. Allan, chair, will join us at the meeting.
Mr. Hodson, editorial adviser for the ABC Company, helped draft the article.

役職の前にtheが付く場合は小文字
Ms. Allan, the editorial adviser, helped draft the article.
The chairperson, Sarah Corbin, will join us at the meeting.
Mr. Cortez was the senior director of the X Group.

一行に指名と役職を記載する場合
Sarah Corbin, Managing Director
Craig Hanson, Editorial Adviser

thisの使い方って?

“this”は必ず“this”にあたる名詞の後に置きます。ビジネスに関する難しい文章やメールを書いた後に“This is not what we want.”などと書く人が多くいますが、この“this”が何にあたるものなのか分からなくなってしまいます。それを回避するためには、“this concept is not what we want” “this effect is not what we want” または “this color is not what we want.”等分かりやすい文章にしましょう。

日本語でよく使う表現だけど…

受動態の多様は避けましょう。謝罪をする際に、“Mistakes were made”とする方が多く見られますが、ニュアンスとしては責任が全くないような表現になってしまいます。“I made a mistake”を使う方が良いでしょう。ご自身の英語を見直し、“are,” “were,” “was,” and “is.”が頻繁に使われていないか確認をしましょう。受動態を使用する際は、間違え(mistake)がどのように起きたか分からない場合(機械の不具合等)に使用します。

まとめ

このように見てみると、今まで知らなかった英語の知識等があったと思います。このような豆知識を知るには、日ごろから英語のウェブを読むことが大切です。今まで知らなかった、発見が色々ありますよ!

The following two tabs change content below.

SachiyoFujimori

2歳から5年程を東南アジアで過ごし、その後も海外を渡り歩くがやはり日本が一番と実感。現在は東京の製薬会社で主に翻訳を担当。 英語の交渉事はお任せください。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。