TOEICリスニングPart1対策はこれで完璧!

TOEICリスニングのスコアアップ!Part1対策はこれで完璧!

みなさま、こんにちは。

TOEICの中で、本日はリスニング(Part1)に焦点を当ててみたいと思います。
Part1は問題数が少ないため、あまり勉強に時間をかけず、いつでも、どこでもできる勉強方法もご紹介しているので、ぜひ最後までお読みください。

リスニングはリーディングやライティングよりも集中力を必要とします。すでに経験がある方はお分かりになると思いますが、少しでもほかの事を考えたり、集中力が無くなったりしていると問題は答えられなくなります。
それに加え、リスニングには単語、文法、発音、アクセントに加え内容も理解する必要があるのでとても難しいです。

TOEICリスニングで必要な事

[clink url=”https://speakbuddy.me/archives/4407″]

こちらの記事でもお話をしましたが、本番のテストと同じ状況下で練習をすることが必要です。テスト開発機関であるEducational Testing Service(ETS)が出している公式教材・問題集を使用することで準備万端です!
リスニングでは自分で時間配分をすることができないので、例えばキーワードを聞き取ることに集中するなど、ご自身がやりやすいコツを早くつかむとよいでしょう。
TOEICのリスニングが難し8F感じる方は、最初は下記の方法で慣れると良いかもしれません。これをすることにより、ご自身の弱点も分かるようになりますよ。

各問題の後に音声を止める

各問題の後に音声を止め、聞き取れた英文や単語を書き、回答を選びます。慣れてくると段々と聞き取れるようになるので、最終的には音声を止めず、実際のテストの状況下で問題を解いていきます。

なぜ自分の回答が正解/不正解だったのかを確認する

問題が正解だと解説を読まない方がいますが、なぜ自分がこの回答を選んだのか、聞こえたキーワードや英文を思い出してみましょう。

Part1で全問正解するには!

最初のリスニング(Part1)では、一枚の写真に対し、その内容の説明の英文が4つ流れます。写真の内容を最も適切に説明しているものを選びますが、思わぬ落とし穴があります。

•誰が「who」, 何を「what」, どこで「where」, なぜ「why」を見ます
•音声が始まる前、ざっと写真を見て写っている物、どんな内容なのかを想像します
•音声が始まった際、一つ一つの英文を聞きながら不正解x、正解o、不明△などをメモしながら聞くとよいでしょう
•早い段階で正解が分かっても、早とちりはせず最後まで聞いてから回答を選びましょう
•回答に迷うものがあった場合は悩まず直感(gut instinct)で決め、次の問題に移ります

TOEICのひっかけ問題に注意!

TOEIC Part1は問題数が少なく比較的簡単ですが、ひっかけ問題があるので気を付けましょう。

発音は似ているが意味の違う言葉

例えばlater/ latter、adapt/adoptなど、発音は似ているが意味の違う単語は、TOEICでは良くE4用されますので気を付けましょう。

勝手に想像しない

例えば、男性がピザデリバリーのバイクに乗り、オフィス街を運転しているとします。写真に写っているのは、「ピザデリバリー会社のロゴが入ったバイク」「道路」「ヘルメットをかぶった男性」「ビル」「オフィス街」です。
男性がピザデリバリー会社のロゴが入ったバイクに乗っているため「オフィスへのピザのデリバリーかも」という事を想像するかもしれませんが、決して「He is going to deliver pizza to office.(彼はこれからピザのデリバリーに行く)」を選んで%1いけません。想像すればきり8Cありませんが、デリバリーに行く途中ではなく、オフィス街にあるピザやに出勤途中かもしれないからです。写真描写問題では「勝手に想像」して、写真に現れていない単語を使った選択肢を選ばないようにしましょう。

TOEICテスト Part1の勉強法

写真描写問題が苦手という方に、ゲーム感覚でできる勉強法をご紹介します。
何枚か写真を用意し、その写真に写っている物をリストアップします。その後、写真について英語で説明文を作ります。
もっと簡単なのは、例えばオフィス、家、デパート、駅など異なった場所で目に入るものを英語で言うだけで十分な練習になります。

みなさま、いかがでしたが。私は何度もTOEICを受けましたが、リスニングは一つ一つを集中したり、次の問題を早めに読んだり自分でコツを得ることが高得点に繋がるような気がします。

次回はPart2以降をご紹介したいと思います。
[clink url=”https://speakbuddy.me/archives/4696″]

The following two tabs change content below.

SachiyoFujimori

2歳から5年程を東南アジアで過ごし、その後も海外を渡り歩くがやはり日本が一番と実感。現在は東京の製薬会社で主に翻訳を担当。 英語の交渉事はお任せください。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。