【ビジネス英語】英語で問い合わせ・確認をする際に使える必須フレーズ

ビジネスシーンで必須の「問い合わせ」「確認」に使えるフレーズをご紹介

みなさん、こんにちは! Miaです:)

今回は、ビジネスシーンで問い合わせや確認をする際に使えるビジネス英語をご紹介します。
ビジネスシーンで本当によく使われる表現と例文をピックアップしたので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.regard to/regarding

regard to/regarding は「に関して」という意味です。

インフォーマルな場での会話ではaboutがよく使われますが、
ビジネス英語ではregard to/regardingを使うのが基本です。

「〜について」や「〜に関して」とトピックを切り出す際に冒頭に
Regardingをつけるとスマートです。

regard to/regardingと同様に
・as for
・in terms of
なども「〜について」という意味でビジネスシーンでよく使われるので知っておくと良いでしょう。

2.inquire

inquireは「問い合わせる」「尋ねる」という意味です。
名詞ではinquiry となります。

普段の会話ではquestionやaskが使われますが、
ビジネスシーンでは何か問い合わせをする際にはinquireが好まれます。

3.confirm

confirmは「確認する」という意味です。
インフォーマルな場で確認すると表す際はcheckを使うことが多いかもしれませんが、
confirmはcheckよりもしっかりと確かめるという意味合いが強いイメージです。

Let me confirm. 「確認させてください。」
Just to confirm. 「確認ですが、」

この二つはビジネスシーンでちょっと確認したい時によく使われるので
物事が不明確な時にさらっと言えるといいですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回紹介したはビジネス英語は基礎的なものです。
つまり、ビジネスで英語を使うなら常識として知っておくべきレベルの英語です。

おさえておけばフォーマルな場での会話だけでなく、
ビジネスメールでも頻繁に使える便利なフレーズなので是非参考にしてくださいね:)

The following two tabs change content below.

Mia

カナダへの留学・ワーホリ後、銀行コールセンターにてバイリンガルオペレーターとして就労経験有り。現在はカナダを拠点に世界を旅しながらウェブライターとして活動中。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。