【ビジネス英語】いくつ知ってる?お金に関する英語表現

ビジネスシーンで絶対に知っておきたい、お金に関する英単語や動詞など英語表現をご紹介

こんにちは、Miaです;)

今回のビジネス英語のテーマはズバリお金です。
ビジネス英語を学んでいる方は、知っておくべきトピックですので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

お金にまつわる英単語

まずは、絶対に知っておきたいお金に関する英単語からご紹介します。

給料 salary
価格 cost
値段 price
貨幣 currency
公共サービスの料金 charge  
利子 interest
運賃 fare          
おつり change
税金 tax   
賃金(肉体労働) wages
請求書 invoice/bill
無料 complimentary/free
借金 debt
利子 interest
収入 income
暗証番号 PIN

  
これらの英単語はビジネスシーンの会話の中だけでなく日常会話の中でも
いつ出てきてもおかしくないような基本の単語です。
知らない単語があった方は、マスターしておきましょう!

お金に関する動詞

次にお金に関する話題でよく使われる動詞をご紹介します。

cost 費用が掛かる
pay 支払う
charge 請求する
owe 借りている/借りがある
worth 価値がある

これらの動詞も基本の表現なので、さらっと使えるようにしておくと良いですね。

お金の価値の表現方法

お金の高い・安いという英語表現は、主語によって異なります。
   
例えばみなさんが普段使う単語として代表的なのがexpensive/cheapですね。

ただ、同じお金でも給料の話になると表現の仕方が異なるのをご存知でしょうか?

給料の場合は、high/low または large/smallという表現を用い、
expensive/cheapは使わないので注意しましょう。

ビジネスシーンでは給料の話題になることも大いに想定できるので、しっかりとおさえておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
この記事では、お金に関する英語表現についてご紹介しました。
シチュエーションによって、とても多くの表現がありますよね。
どれも実際によく使われる表現なので、知っておくと便利ですよ。
ぜひ参考にしてくださいね:)

The following two tabs change content below.

Mia

カナダへの留学・ワーホリ後、銀行コールセンターにてバイリンガルオペレーターとして就労経験有り。現在はカナダを拠点に世界を旅しながらウェブライターとして活動中。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。