TOEICで何点必要?英語を使う仕事7選!<〜600点レベル>

TOEICスコア600までで目指せる職業とは?
TOEICスコア600レベルまでで目指せる職業や仕事の内容とは?

TOEICスコア600レベルまでの英語を活かした就職・転職など仕事の目安は?

こんにちは、珠野あさみです。

9月にTOEIC L&R(リスニング&リーディング)テストを受け、結果速報を見ました!自分とすれば良い点数だったのですが、「それでも英語がすごくできるという実感はない」というのが本音。

典型的日本人思考ですね。

実際、「英語を聞けば大体話はわかるけど、言いたいことは20%も話せない」ということはよくあることで、リスニング&リーディングのテストは全て「聞く+読む」の受け身技能を測るものです。

話す(スピーキング)、書く(ライティング)という英語をアウトプットする技能がインプットより劣っているというのは、英語ネイティブではない私にとって自然な状態です。

このインプットとアウトプットのバランスが悪いことは承知の上で、「英語力を活かした仕事をしたい!」とか、「将来は英語を使った仕事をしたいけど、何点くらい取れれば、どんな仕事に就けるの?」と疑問に思う方のために、一般的にどのくらいのTOEICスコア、どの程度の英語レベルで、どんな仕事に就けると言われているかという目安をまとめてみました。

これから就職や就活(就職活動)を控えた学生の皆さまや、転職などを考えている社会人の方、仕事の幅を広げるために資格取得を考えているという方々も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

下記、TOEICスコアはSpeakBuddyアプリのレベル分けです。
※今回は、TOEIC600点までです。

[s_ad]

Beginner:ビギナーレベル(TOEIC 0-250点)

「英語を使う仕事」を目指して頑張る初級者レベルです。
Basicレベル目指して頑張りましょう。

Basic:ベーシックレベル(TOEIC 225-400点)

「英語を使う仕事」を目指して頑張る基礎レベルです。
あと少しで、英語を使う仕事ができるレベルになってきます。頑張りましょう。

Intermediate:中級レベル(TOEIC 405-600点)

さて、「英語を使う仕事」「英語力を活かす仕事」というのは、このスコアのあたりからのことを言うようです。

1.通関士

輸出入業者の代わりに、通関手続きを行うまたは税関へ申請を行う仕事です。通関士になるためには、通関士試験に合格して資格を取得する必要がありますが、高レベルな英語力を求められることはありません。基礎的な英語力を身につけておきましょう。

2.入国審査官

日本に出入国する日本人・外国人の審査・管理を行う国家公務員の仕事です。業務上、多くの外国人とコミュニケーションをとる必要があるため英語力は必要ですが、採用後研修で語学研修があるため、新規採用では特に英語力を条件として明記していないケースが多いです。

3.日本料理店のスタッフ

京都や鎌倉など、多くの外国人観光客が訪れる観光地では、英語力を持っている人材が求められます。日本料理店の中には、英語や中国語の語学研修を始めている場所もあります。料理の説明や日本の文化を伝えられるほどの英語力があれば重宝されるでしょう。

4.テーマパークスタッフ

訪日外国人の観光地としてテーマパークが選ばれることが増えてきました。今後、ますます英語力のある人材が必要になってくるでしょう。応募要件に英語力について明記されていることはありませんが、英語ができればより就職に有利になることでしょう。

5.ツアーコンダクター

旅行会社のツアーパックに同行し、参加者の旅程管理や対応をします。現地の情報を把握したり、トラブルやハプニングにも臨機応変に対応をしなくてはなりません。Intermediate以上の英語力が必要になります。

6.空港スタッフ(アテンダント以外)

空港での貨物輸出入、ショップのスタッフ、両替、荷物の積み下ろしなど空港では様々な仕事があります。
外国の人も行き交う場所なので、機転の利いたコミュニケーションがとれる程の英語力は必要になるでしょう。

7.システムエンジニア

オフショア開発のように、コストを抑えるために海外でホームページ制作を行うことが増えており、エンジニアも英語を使う必要性が高まっています。ディレクターなど上流の仕事をする場合には、ある程度の英語力があったほうが良いでしょう。また、ホームページの多言語化の依頼の時にも現地の翻訳家に依頼内容を取り次ぐ必要も出てくるため、英語力があれば即戦力として求められるでしょう。

まとめ

いかがですか?TOEICスコア600点レベルまででも、英語を使う仕事はまだまだたくさんありますよ。仕事をしながら英語力を伸ばしていくこともできますよね。

TOEICのスコアが平均レベル以上ではないからといって、英語を使う仕事に就けないわけではありません。上記はあくまで目安となりますので、諦めずに勉強を続けていきましょう。

→次回は600点以上のお仕事をご紹介します。
[clink url=”https://speakbuddy.me/archives/3982″]

本日もありがとうございました。

The following two tabs change content below.

Asami Tamano

中学生から英語を学び始めた典型的日本人。TOEIC950点と英語検定準1級を独学で取得した体験と英語学習者5000人以上を見てきた経験を元に、英語を学ぶ方を励ますような記事を書いていきます!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。