ビジネスシーンで使える!英語での丁寧な断り方とは?

こんにちは!Miaです; )
ビジネスシーンやプライベートなシーンで、
上司や同僚からのパーティや食事への誘いを断る時の表現って
日本語でもちょっと悩んでしまいませんか?

この記事では、
ビジネスシーンでお誘いを断る際に役立つ英語の言い回しをご紹介します!

I’m afraid

I’m afraid I can’t make it.  残念ながら行けません。

とてもシンプルな断り方です。
I’m afraidという表現を文頭につけることで行けないことに対して
残念に思う気持ちや、申し訳ないという気持ちを簡単に表現することができます。

このニュアンスに似たシンプルな表現で、
I’d love to butと冒頭につけることで、行きたいけど行けないという残念な気持ちを伝えることができます。

Unfortunately

Unfortunately, I can’t make it.  あいにく(残念ながら)行くことができません。

Unfortunatelyは、「あいにく、残念ながら」という意味の単語です。
冒頭につけると、行きたかった気持ちを伝えることができるので、覚えておくと便利です。

I wish I could

I wish I could but… できれば〜したいのですが…

I wish I could だけでも、
お誘いに対して、したいのにできない、行きたいけど行くことができないということを伝えられる便利な表現です。
but の後に、行けない理由を具体的に説明するのも一般的です。

Due to a prior commitment

Due to a prior commitment, I can’t make it.  先約があるため、行くことができません。

Due to a prior commitmentはビジネスシーンで誘いを断る際によく使うフォーマルな定番表現です。
先に紹介した”Unfortunately”や”I wish I could”と組み合わせてると自然で丁寧な断り方ができますよ;)

まとめ

いかがでしたか?
断らないといけないシチュエーションって、結構悩んでしまいますよね。
ビジネスで英語を使う人は、
フォーマルな場での丁寧な断り方は知っておくべきマナーのようなものでもあるので
ぜひこの記事を参考にして覚えてみてくださいね:)

The following two tabs change content below.

Mia

カナダへの留学・ワーホリ後、銀行コールセンターにてバイリンガルオペレーターとして就労経験有り。現在はカナダを拠点に世界を旅しながらウェブライターとして活動中。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。