英語スピーキング力向上に必要なのは、たったこれだけ?!

皆さま、こんにちは。

本日は短期間でスピーキング力が上達する方法をご紹介いたします。
文法やボキャブラリーは豊富でも、会話でうまく使用できない方が多いと思います。
今回ご紹介する方法は、少し意識をするだけで随分と変化が感じられますので是非お試しください。

ゆっくり話す!

日本語を話すスピードで英語を話したい!
ネイティブの様にスラスラと話す事を目指している方が多いと思いますが、日本語を話すようにはいきません。
特に自信のない方は間違えを恐れ、焦って早く話す傾向がありますが、相手に理解してもらうためにはゆっくり、はっきり話しましょう。
有名なスティーブ・ジョブズのスピーチを聞いたことがありますか?
とてもゆっくりで、分かりやすいですね。
ネイティブを見習い早く話すより、ゆっくりと語彙を選びながら話す方がより上級なスピーカーと言えるでしょう。

考える時間を作る!

何をどう話すか考える時間を作ってください。
これはもちろん会話中でも、大丈夫です。言いたいことを早く伝えたい、きっと相手はすぐに返答を望んでいるだろうと思いがちですが、リラックスをして考える時間を作りましょう。
そして考えている時間や沈黙を避けるため、下記の様にwellやumm…が使えますよ。

Why don’t you go to see him tomorrow?
Well, I think…
なぜ明日彼に会いに行かないの?
そうだね…私が思うに…

What do you think about his idea?
Um….I don’t really agree with his idea.
彼のアイディアをどう思う?
うーん、あまり彼の意見には賛成ではありません。

文章で単語を覚える!

英語は単語だけで覚えず必ず文章として覚えましょう。
その時は自分が仕事や日常で使いそうな文章を作ってみると良いと思います。
そして本物の英語を学ぶため、英和辞書ではなく英英辞書を使いましょう。
ここではDisagreeの単語を使用し例を挙げてみます。

Disagree=to not have the same opinion, idea, etc.

I’m afraid I have to disagree with you on that issue.
申し訳ございませんが、この件に関してはあなたの意見には反対です。

I strongly disagree with the decision that has been made.
あなたの決断にはまったく賛成できません。

上記の様に文章として覚えると、とても覚えやすいです。

まとめ

本日はスピーキング力を向上させるための三つの重要点をご説明しましたが、やはり一番大切な事は実際に話す事です。
SpeakBuddyはレベル別、トピック別に分かれており、寝る前の15分でも英語に触れる事ができます。
Continuity is the father of success. ”継続は成功の父”、

一日10分でも良いので続けてみましょう!

The following two tabs change content below.

SachiyoFujimori

2歳から5年程を東南アジアで過ごし、その後も海外を渡り歩くがやはり日本が一番と実感。現在は東京の製薬会社で主に翻訳を担当。 英語の交渉事はお任せください。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。