絶対試したい!無料で学ぶビジネス英語

こんにちは、珠野あさみです。
突然ですが

仕事で英語を使う人は、英会話も学びながら、ビジネス英語に触れることが大事です。

私は以前、仕事で英語を使っていたのですが、その時は英語初学者にもわかるような、比較的簡単な英語を使う必要がありました。
そのため、仕事で使う以上の英語レベルを保つには多くの努力が必要でした。

仕事で英語を使う人は、その仕事レベルの英語は学びやすいということですね。

そんなビジネス英語の習得を目指しているあなたに<無料でビジネス英語を学ぶ方法>をご紹介します。

それは、「コーポレートサイト」です。

コーポレートサイトをのぞいてみよう

あなたの会社のHPには、英語サイトがありますか?

日本の多くの会社もHPに英語など外国語のページがありますね。
この企業ページを英語で読むのは難しそうですが、知っている日本企業のことなので案外とスラスラ読めたりするんですよ。

https://www.softbank.jp/corp/about/

これはソフトバンクのものですが、英語に変えるとこんな感じです。

https://www.softbank.jp/en/corp/about/

コーポレートサイトの英語を読むとどんな良いことがあるでしょうか?

・ビジネス系の英語が多読ができる
・英語サイトを読んでから日本語を読めば、英語の理解度を測れる
・サイトに載せてある英語は口語表現ではないので、仕事で使える言い回しも学べる

無料ですし、自分の仕事分野の会社のサイトを読めば参考になることも多く、いいことづくめです。

例として、ソフトバンクグループ代表の孫正義さんの挨拶文の最後を見てみましょう。

The SoftBank Group’s advantage is that it has outstanding management teams leading their respective businesses under a shared corporate philosophy, “Information Revolution — Happiness for everyone”.
「ソフトバンクグループの一番の強みは、「情報革命で人々を幸せに」という当社の経営理念を心から信じ、共有している素晴らしい経営者がグループ各社にいることです。」

よく知っている企業の情報なので、日常会話よりも長い英文ですが読みやすいですね。

We will lead the Information Revolution by utilizing advanced technologies and innovative business models.
To continue to be the corporate group needed most by people around the world, we will keep taking on bold challenges and work to transform ourselves.
「われわれは、最新のテクノロジーと革新的なビジネスモデルで情報革命を牽引し、世界中の人々から必要とされる企業グループであり続けるため、果敢に挑戦し、自らも進化を続けていきます。」

日本語では1文ですが英語では2文に分かれているのは興味深いですね。

みずからの「進化」を和英辞典で調べれば “evolve”“develop” とするところを、“transform” と書いてあり(日本語の意味を深く考えればその通りなのですが)英語表現を広げることができそうです。

また、「革新的なビジネスモデル」、「情報革命を牽引」、「企業グループ」などのビジネスで頻繁に使われる表現も出てくるため、ビジネス英語のインプットには最適です。

あなたの会社や取引先と同系のコーポレートサイトを読むことで、英語多読ができることや、読解力や語彙力がついていくことはこれでご理解いただけたのではないでしょうか。

コーポレートサイトを今すぐチェック

では有名な会社の英語版HPを覗いてみましょう。

トヨタ https://www.toyota-global.com/company/message_from_president/

ドンキホーテ  https://www.donki-hd.co.jp/en/corp/

ファーストリテイリング  https://www.fastretailing.com/eng/about/

セブンアンドアイHD https://www.7andi.com/en/company/topmsg.html

KDDI https://www.kddi.com/english/corporate/kddi/president/

英語に苦手意識が強い人は、最初は日本語を読んで、次に英語を読むという順番にすると、より読みやすくなります。
そして、何回も読んでビジネス英語に慣れていきましょう。

まとめ

いかがですか?
英語を本格的に学ぶとなると、テキストを買ったりスクールに通ったり、お金がかかるイメージがありますが、情報革命が起こった現代では、インターネットを使って無料で英語を学べるソースはたくさんあります。
コーポレートサイトの英語版を活用し、あなたも無料でビジネス英語を学んでみてはいかがでしょうか。

本日もお読みいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.

Asami Tamano

中学生から英語を学び始めた典型的日本人。TOEIC950点と英語検定準1級を独学で取得した体験と英語学習者5000人以上を見てきた経験を元に、英語を学ぶ方を励ますような記事を書いていきます!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。