英語で何て言う?日本のビジネスシーンでよく使う「お疲れ様」

みなさんこんにちは、Miaです。
日本のビジネスシーンでよく使われる言葉「お疲れ様」ですが、
英語ではなんて言うか知っていますか?

実は英語では「お疲れ様」を直接意味する言葉は存在しない、日本独特の表現なのです。
そこでこの記事では、「お疲れ様」の言い換えに当たるフレーズや言い回しをご紹介します!

 

仕事を終えた時のお疲れ様

日本では、その日の仕事が終わって帰る時の挨拶として「お疲れ様」が使われますよね。
帰る人も、見送る人も言い合うことが多いでしょう。

この場合英語のビジネスシーンでは、

Have a good night.  「良い夜を過ごしてください」
Have a good rest of the day. 「今日の残りの時間を楽しんでください」
See you tomorrow.  「また明日」

会社を去る際の「お疲れ様」は、その日に顔を合わせるのが最後という合図でもあるので、
単純に別れ際の挨拶に言い換えると良いでしょう。

 

すれ違った際のお疲れ様

日本の会社では、社内で誰かとすれ違った時に挨拶として「お疲れ様」と言い合ったりしますよね。
これは特に意味を含まない挨拶なので、英語のビジネスシーンでは

Hi, how are you? 「元気?」
Hi, how’s it going? 「調子はどう?」

とシンプルな挨拶をすることで言い換えられますね。

 

頑張った人へのお疲れ様

次に挨拶ではなくて、何か大きな仕事をやり終えた後に相手に言う「お疲れ様」は、

You did great! 「よくやったね!」
Good job.   「いい仕事をしたね」
Great work.  「素晴らしい仕事だったね」

このような感じで、日本語でもお疲れ様の後に続く
「よくやったね」「よかったよ!」という言葉で、
相手を直接を褒めること自体が「お疲れ様」の言い換えになります。

 

お疲れ様はあなたの伝えたい気持ち次第

いかがでしたか?
最初に書いたように、英語では「お疲れ様」という直訳できる表現はありません。
日本のビジネスシーンでは、多くの場合挨拶として使われているため
深い意味が含まれていない時も多いですよね。

今回紹介したように、その時の状況に合わせて、相手に何を伝えたいかによって「お疲れ様」は変わってきます。
自分の中で日本語の「お疲れ様」という感覚を、自然と英語に言い換えられるようにしておくと良いでしょう。

The following two tabs change content below.

Mia

カナダへの留学・ワーホリ後、銀行コールセンターにてバイリンガルオペレーターとして就労経験有り。現在はカナダを拠点に世界を旅しながらウェブライターとして活動中。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。