たった3ヶ月で効果が見られる英語の勉強法

皆さま、こんばんわ。

いつもどのように英語を勉強していますか?

色々試したけれど効果が見られなかったあなた、これからご紹介する方法を是非試してみてください。

単語は文章で覚える!

単語のみを覚えるのではなく、文章として覚える。

電車の中で英単語を覚えている方を良く見かけます。私も学生の頃は単語を覚えるため、同じ単語を何度も書きスペルを書いて覚えましたが、この方法はあまりお勧めできません。何故か?単語だけを覚えても文章としてどの様に使うのか分からないからです。単語は必ず文章として覚えましょう。文章として覚えてしまえば、時と場合によって単語を変えるだけで会話ができるようになります。
では少し見ていきましょう。

例えばbuyの過去形boughtを覚えたい場合、下記のような文章として覚えると段々応用が利くようになってきます。
例:I bought some milk to bake a cake.
訳:私はケーキを焼くため、牛乳を買った。

Boughtを残し、少し文章を変えてみます。
例:She bought a flight ticket to Osaka.
訳:彼女は大阪への航空券を買った。

段々と応用を聞かせ、下記のような表現もできるようになります。
例:I went to supermarket to buy some fruits because my friends are coming to my place tomorrow.
訳:明日友達が家に来るので、スーパーマーケットにフルーツを買いに行った。

このように文章として覚えてしまうと、応用が利きますので是非試してみてください。

英語の本を読もう

難しいように思いますが、自分にあったレベルの本(子供の絵本程度でもOK)を数多く読みましょう。たまに意味が分からなくても数多く読んでいれば分かるようになる、とうたっている情報もありますが、必ず意味を分かりながら読んでください。その後できれば文章を覚えてしまいましょう。自分に合わないレベルの本は退屈になり、こんなにも英語が分からないのか、と悲観的になるのでやめましょう。

お勧めの本は、The Curious Incident of the Dog in the Night-Time(夜中に犬に起こった奇妙な事件)という本です。

この本は主人公の自閉症の男の子が、フォークで刺され殺された犬を発見する事から始まります。少し難しそうに見えますが、使われている単語や文章がシンプルですので読みやすいと思います。そして何より、内容がとても面白いので引き込まれていくと思います。

私はヨガと料理が好きなので、レシピを英語で調べたりヨガの雑誌を読んだりもします。みなさんも自分の趣味の雑誌を読んでみたりすると新しい発見がありますよ。

英語を聞く

ラジオやDVD等、興味のあるものでしたら何でもOKです。その時にただ聞き流すだけではなく、何を言っているのか捕えようとしましょう。これも人によってはただ聞き流しているだけでいい、なんて言う人がいますが、聞き流しているだけで英語を覚えるのは子供ぐらいです…。
DVDでしたら音声を日本語にして字幕を英語にしながら見ると、覚えたいフレーズをノート等に書きとめ易いと思います。

お勧めはYoutubeにある「JamesESL English Lessons」です。日本語の字幕が無く、話すスピードも比較的早いので初心者には難しいと思いますが、教え方がユニークで面白いので是非一度お試しください。

または洋楽を聞くことです。アメリカの有名な歌手The Carpenters は曲のテンポもゆっくりで、発音もはっきりしているため、とても聞き取りやすいですよ!

まとめ

あまり頑張りすぎると投げ出したくなりますので、少しずつでいいです。少しずつ、楽しみながら学んでいきましょう。

ちりも積もれば山となる、”Many drops make a shower.” (たくさんの水滴も集まればシャワーになる)

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

SachiyoFujimori

2歳から5年程を東南アジアで過ごし、その後も海外を渡り歩くがやはり日本が一番と実感。現在は東京の製薬会社で主に翻訳を担当。 英語の交渉事はお任せください。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。