知らないと困る「よろしくお願いします」は英語で何て言う?

こんにちは、Miaです!
日本語では、ビジネスシーンやプライベートシーンで、初対面の人に対して
「よろしくお願いします」と挨拶を始めることが多いですよね。
では「よろしくお願いします」を英語で言うことはできますか?
この記事では、そんな「よろしくお願いします」についてシェアしてみたいと思います。

 

初対面で使う「よろしくお願いします」

日本語では、プライベートでもビジネスシーンでも「はじめまして」の後に「よろしく」または「よろしくお願いします」と言うことが多いですよね。

実は、英語ではこのような「よろしくお願いします」は存在しません。
無理やり直訳してみると “Please be good to me.”のような感じになりますが、
いきなりこんな表現をされると、言われた相手は困ってしまいます。

実際に、私が英語のネイティブスピーカーの方にこのトピックについて聞いたところ、
初対面での英語の挨拶”Nice to meet you”の中には
「よろしくお願いします」というようなニュアンスがすでに入ってる感じがすると言っていました。

なので、英語での挨拶では”Nice to meet you.”を
「はじめまして、よろしくお願いします」と考えても良いかもしれません。
日本語のニュアンスから考えてみても、わかる気はしませんか?
挨拶も異文化。全てが直訳できるわけではないですからね。

それでも、なんだか”Nice to meet you.”だけでは物足りなく感じる人は

I have been looking forward to working with you.

と付け足すとしっくりくるかもしれません。

 

「〜さんによろしくお伝えください」

日本でも「〜さんによろしくね」などビジネス、プライベートと両方のシーンで使いますよね。

Say hello/hi to John.  ジョンさんによろしくね

このような言い方は知ってる方も多いかと思います。
カジュアルなシーンに向いています。
ビジネスシーンの場合は、

Please send/give my regards to John. ジョンさんによろしくお伝えください

のような丁寧な表現が適しているでしょう。

いかがでしたか?日本語で言う「よろしくお願いします」は、いろんな場面で使える便利な言葉です。
ただ、日本語だけの独特なニュアンスの言葉であるということを知っておく必要があります。

ビジネスで通用する英語レベルを習得するには、
日本語と英語でのニュアンスの違いや、その言語が使われている国の文化が重要になってきたりもします。
学ぶ分だけ英語の奥深さ、興味深さが増えてきますよね。少しでも参考にしていただければ幸いです:-)

The following two tabs change content below.

Mia

カナダへの留学・ワーホリ後、銀行コールセンターにてバイリンガルオペレーターとして就労経験有り。現在はカナダを拠点に世界を旅しながらウェブライターとして活動中。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。