シンガポールで暮らしてみればー海外就職 vol.5

みなさま、こんばんわ!
本日は、新卒での海外就職と、外資系と日系企業の違いについてご紹介したいと思います。

新卒で海外に就職するとどうなる?

シンガポールには、新卒で海外就職をした人が結構いました。

話を聞いてみると、ほとんどの企業は即戦力を求めているため、なかなか仕事が決まらなかったようですが、英語が堪能な人はコールセンターでホテルのリザベーションやそのほかのカスタマーサービスの仕事をしていました。新卒はビジネスマナーも知らず一から教えないといけないため、日系企業は嫌がります。また、私が感じたことですが、ビジネスマナーを始め、敬語の使い方やクライアントへのメールの書き方など習ったことがないため、まったくできない人がたくさんいました。新卒で海外就職をした場合、日本で行われるような新人導入研修や、先輩が一対一で教えてくれるようなことはありません。周りはできていないことに気づいていますが、誰も何も言いません。決していじわるをしているわけではなく、自分の仕事の範囲(会社から与えられているJob Scope)に新入社員の教育が含まれていませんし、海外では自分からアプローチをしない限り、周りは気にかけてくれません。少し話が逸れますが、海外は自分のJob Scopeにとてもシビアです。入社時の契約書に書かれているJob Scope(職務範囲)以外は基本的にやりません。もしやるように言われた場合には、自分のJob Scopeではないことを言いますし、やらなくてはいけない場合は、それなりの報酬を求めたり、給料のアップを交渉したりします。

新卒で海外就職を考えている方は、自分から周りにアプローチをして色々教えてもらった方が良いと思います。
この先日本へは帰らず、ずっと海外で働くのであれば日本特有のビジネスマナーは必要ないと思いますが、数年後に日本に帰り就職をした時、同じ年齢の人とのレベルの違いを実感させられることになってしまうと思います。色々な人を見ましたが、新卒で海外就職はお勧めしません。せめて2年は日本でスキルを身に着けて(自分のために)、それからでも遅くはないと思います。

日系・外資系、会社や仕事はどう違う?

さて、就職を決める際、日系・外資系どちらにするか迷いますね。

私の最初に働いた会社は日系で、駐在員の秘書業務をしました。海外でもやはり日系は日系、現地人やその他の外国人はいますが、会社の雰囲気や方針は日本の会社そのものでした。上司の意見は絶対、備品もすべて日本のブランド(日本製)を好み、ビジネスパートナーや業者も日系企業または日本人スタッフのいるところでした。最終的には「定時に帰る時は、言ってね。」とまで言われ、何のために海外に来たのか分からなくなりました。たった一人で海外に行き、愚痴を言う同僚もおらず、駐在員のおじ様達の対応に追われ何度トイレで泣いたことか分かりません。しかし、その5年後には、何を言われても上手く交わし、“海外では言ったもの勝ち”の精神になるとは思ってもいませんでした。本題に戻りますが、日系企業にはマネージメントとして日本人駐在員がいるため、日本のカラーは強く、日本の会社が海外にある、と想像した方が良いと思います。しかし、初めての海外就職で突然外資系に行くのは不安だ、と思う方は日系で数年慣れてから外資系に転職をするのも良いと思います。
最初の日系の会社で懲りた私は、その後外資系に転職をしました。日系に比べ自由で、人の干渉をせず孤立して働いている人が多い印象です。ここで言う「自由」とは、多少会社に遅れてきても誰も何も言いません、人に不快を与える服装でなければ何を着てもOK、Work from homeと言ってたまには在宅業務でも構いません。とにかく自分のタスクを終え、結果を出し、人に迷惑をかけなければ何をしてもいいんです。しかし、結果を出せなければ、即クビです。
私が最後に働いた会社では、入社後2週間のトレーニングがありその後のテストに合格しなければ即クビでした。この会社も外資の色が濃く、その日の仕事が終わってしまえば会社でYoutubeを見ている人や、ゲームをしている人がいました。スピード感と緊張感を持って仕事をしたい人は外資系が向いていると思います。また、すごく頭のいい人がたくさんいるので、いい出会いがたくさんありますよ。

シンガポールで暮らしてみればー海外就職 Vol.6はこちら

これまでの記事はこちら

シンガポールで暮らしてみればー海外就職 vol.1
シンガポールで暮らしてみればー海外就職 vol.2
シンガポールで暮らしてみればー海外就職 vol.3
シンガポールで暮らしてみればー海外就職 vol.4

The following two tabs change content below.

SachiyoFujimori

2歳から5年程を東南アジアで過ごし、その後も海外を渡り歩くがやはり日本が一番と実感。現在は東京の製薬会社で主に翻訳を担当。 英語の交渉事はお任せください。