英語で褒め上手になるテクニックとは?

こんにちは、Miaです!
誰でも自分自身のことや、身につけているものを褒められたら嬉しいものですよね。
褒めることは仲の良い仲間同士でなくても、会社の先輩、上司または後輩に対してもできることです。

たとえ、その人のことを深く知らなくても、目に入ってきて「いいな」と思ったものをさらっと褒めることができれば、相手に好印象を与えられます。
また、会話の切り口にもなるので、さらっと英語で褒める方法を知っておくと、とっても便利ですよ。

 

1. シンプルに褒める

まずはリアクション重視のシンプルな褒め方からご紹介します。

Wow!
Amazing!
Great!
Brilliant!

これらは、とにかく相手に「すごいね!」と一言で伝えることができます。
相手が目の前で、難しい状況やタスクをさらっとこなした時や、
何かすごいことをしたという話を聞いた時にリアクションとして使えるといいですね。

また、これらに「really/so/very」などの副詞をプラスすると、さらに強調することができます。
もちろん文頭にThat’sをつけてもOKです。
例えば、

That’s really amazing!
That’s so great!

これで単なる「すごいね!」から「それは本当にすごいね!」に強調されます。

 

2.外見や相手の身につけているものを褒める

続いて、その人の服装などの外見や、身につけているものに対していいなと思った時に使えるフレーズをご紹介します。

You look good today. 「素敵ですね」
That’s a nice bag / Nice bag. 「素敵なバッグですね /そのバッグいいね」
I like your shirt.       「そのシャツいいですね」
That tie looks good on you. 「そのネクタイ似合ってますね」
You have good taste.    「センスがいいですね」

毎日顔を合わす人が、ヘアスタイルを変えたり、何か新しいものを身につけていたりしたら、それが会話のネタになりますよね。
その人自体を褒めたり、持ち物を褒めたりすれば挨拶のあとに会話を自然と続かせることができるので、覚えておくと役に立ちますよ。
今回ご紹介したフレーズをマスターして、英語で褒め上手になりましょう!

The following two tabs change content below.

Mia

カナダへの留学・ワーホリ後、銀行コールセンターにてバイリンガルオペレーターとして就労経験有り。現在はカナダを拠点に世界を旅しながらウェブライターとして活動中。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。