シンガポールで暮らしてみればー海外就職 vol.2

みなさん、こんにちは。

前回に引き続き、シンガポール就職 奮闘記です!
前回は国の選択、言葉、駐在員との違いまでお話ししたので、今回は職探しと給料や待遇面をお伝えしたいと思います。
日本人の場合、そんなに選ばなければ比較的簡単に仕事は見つかります。

では、皆さまお楽しみください。

職探し

仕事を探すのは、派遣会社が一番早く簡単な方法です。

前回も少し触れましたが、日本にもある派遣会社が海外にもあり、日本人スタッフがいますので、日本語でカウンセリングが受けられ、スキルチェックも行われます。また、最近では現地に行かずスカイプや日本支店でカウンセリングが受けられる所もあるようですので、問い合わせてみることをお勧めします。

日本の派遣会社と海外の派遣会社の違いをご説明します。

日本では派遣会社に登録をし、派遣社員として各会社で勤務をしますが、海外ではこの派遣社員というポジションがありません。

派遣会社は仕事を探してくれますが、ポジションは正社員で、雇用契約はご自身が働く会社と直接結び、給料も派遣会社ではなく会社から支払われます。派遣会社=ジョブエイジェントとして考えればいいと思います。派遣会社とのカウンセリングの際に希望職種・給与・待遇・条件面を伝え、マッチした職があれば、その場で仕事が紹介されます。面接の連絡を待ちましょう。

英語力ですが、コールセンターや他のカスタマーサービス系では主に日本人顧客を対象としているため、高い英語力は必要が無いように見受けられました。
現在では、日本のコールセンターの拠点が海外にあるのは珍しくはなく、日本のフリーダイアルにかけても海外につながっている事はまれにあります。このような求人では、英語力よりも日本人としての礼儀正しさや丁寧さを求められますので、語学に自信の無い方はこのような仕事から始めても良いと思います。しかし社内でのミーティングや同僚とのコミュニケーションは英語ですので、日本にいる間に少しでも習得しておくことをお勧めします。

また、日系企業だからと言って、英語が不要と言うのは大きな間違いです。私も日系企業で働きましたが、駐在員はあまり英語が話せないため、外部との通訳や翻訳、外国人スタッフへの教育や伝達を良く頼まれました。

給与・待遇・条件面

皆さんびっくりされると思いますが、シンガポールでは面接の際、給料の交渉ができます。

派遣会社から紹介をされた場合はJD(Job Descriptions)にはおおよその給料が書かれており、面接に行くと「いくらほしいですか?」と聞かれることがあります。その場合は、自分は経験がこれだけあるので、これくらいはほしいと金額を提示しても良いと思います。
私がシンガポールにいた頃の日本人の給与の相場は約SGD 3,500~(220,000~300,000円/月)でした。また、外国人は日本でいう社会保険と年金の加入はできないため、なにも引かれず月々の給与が振り込まれますので、上手くやりくりできれば日本より貯金はたまります。税金は年に一回、給与額に応じて納める必要がありました。

待遇や条件面はシンガポールの法律に則って決められるので、会社間でそんなに違いはありません。

保険ですが、シンガポールでは外国人に対し、日本の様な社会保険が無いため、すべて会社で加入してくれる保険会社の保険に頼るしかありません。自分で保険料を払う必要はなく、入社時に会社が負担をし、労災だけではなくすべてカバーされます。外国人の雇用に慣れていない中小企業は保険に入っていない会社もあるので、派遣会社を通じ確認することを忘れないでください。そしてボーナスですが、日本の様な金額を期待しない方がいいです。通常12月に一か月分のボーナスをもらえ、後は会社の業績に応じた金額がもらえます。

皆さま、いかがでしたか?

特に東南アジアでは、”言ったもの勝ち”なところが多くあります。特にシンガポールの場合は多民族国家の為、色々な人、考え、習慣があるため、”この人こんなこと言ってるよ~”的な感覚があまりありません。私も最初は全く言えませんでしたが、最終的にはシンガポールの感覚になり、日本でもそれが少し出てしまう時があります。

次回は面接、そして重要な住居の件をお伝えしますね!

シンガポールで暮らしてみればー海外就職 Vol.3はこちら

シンガポールで暮らしてみればー海外就職 vol.1

The following two tabs change content below.

SachiyoFujimori

2歳から5年程を東南アジアで過ごし、その後も海外を渡り歩くがやはり日本が一番と実感。現在は東京の製薬会社で主に翻訳を担当。 英語の交渉事はお任せください。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

2 thoughts on “シンガポールで暮らしてみればー海外就職 vol.2”