スキマ時間の英語学習方法は、自宅でシャドーイング!

スキマ時間の英語学習はシャドーイングがオススメ
忙しいけど英語は上達したい!そんな方にはスキマ時間を活用したシャドーイングがオススメです。

多忙な社会人に効果のある英語学習はスキマ時間のシャドーイング!

こんにちは、珠野あさみです。
ビジネスで英語を使っている、使いたい社会人にとって、英語を学習するためにまとまった時間を確保するのはとても大変なことです。

私も「忙しくて勉強は無理!」、「仕事してなければ、好きなだけ英語勉強できるのに!」なんて思っていた時もあります。しかし、3人の子持ちで仕事がデキるママ先輩が、隙間時間に英語を勉強していることを知って、衝撃…!それが、自分を変えるきっかけになりました。

あなたの隙間時間はどこにありますか?

社会人の隙間時間あれこれ

生活スタイルや居住地によっても変わりますが、こんな時間が考えられます。

1 家のトイレの中
2 出勤準備をしながら
3 朝の通勤時間
4 就業前
5 昼休憩
6 残業前の休憩
7 帰宅時間
8 入浴時間
9 夕食準備や夕食、片付けをしながら

隙間時間に適した英語学習方法は?

隙間時間は、頭をじっくり使う英語学習には向きません。多量インプットや、あまり頭を使わなくてもできるアウトプットをしましょう。

朝の通勤時間〜帰宅時間までは、人目もあるので、下記のようなサイレントインプットが適当です。

・英字新聞を読む

SpeakBuddyアプリのリスニングモードで英会話の流れを聞いて学ぶ

・NHK WorldやCNN、BBCのアプリでニュースを聞く

・気に入った海外ドラマや映画をアプリで聞く

・単語帳を読む

・TOEICなどのテキストや問題集を読む

AI英会話アプリSpeakBuddy

家での隙間時間は、シャドーイングがオススメ!

家での隙間時間は、シャドウイング!
料理やちょっとした準備などの時間を活用して、シャドーイングにチャレンジ!

インプットは外の隙間時間でやり、家での隙間時間にはアウトプットをしましょう。中でも、頭を使わずにできるシャドーイングをお勧めします!

シャドーイングとは、英文を見ずに、英語のモデル音声に少し遅れて発話することです。発話の練習ですね。英語筋のトレーニングという意味もあります。自分で音読ができる英文の音声に続いてシャドーイングするのが効果的です。

シャドーイング方法については動画をぜひご覧ください。

入浴時間や、食事の片付け、体の筋トレやストレッチの時間でもできますよね。

シャドーイングをすると、「英語らしい発音やアクセント、イントネーションを覚えて、再現できる」ようになります。それは、実は発話だけではなく、リスニング力にも貢献することになります。

人間は、自分が話せない音は、聞き取りづらいのです。音読やシャドーイング、オーバーラッピングなど、自分の口で発話する練習は、自分が話せない音をなくしていく作業です。それは翻って、リスニング力が上がることに繋がるのですね。

まとめ

家庭教師で英語を教えていた時、音読とオーバーラッピング、シャドーイングだけ2ヶ月続けてもらったことがあります。その子は2ヶ月で英語が50点→85点になりました。すごいですよね?
隙間時間に教材を音読するのは難しいですが、シャドーイングは音声があればできます。

ぜひ、隙間時間を有効活用しながら、シャドーイングをあなたの英語学習に取り入れてみてくださいね。

忙しい社会人や学生の方にオススメの英語学習方法の記事もご覧ください。
[clink url=”https://speakbuddy.me/archives/1577″]

[clink url=”https://speakbuddy.me/archives/2747″]

The following two tabs change content below.

Asami Tamano

中学生から英語を学び始めた典型的日本人。TOEIC950点と英語検定準1級を独学で取得した体験と英語学習者5000人以上を見てきた経験を元に、英語を学ぶ方を励ますような記事を書いていきます!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。