“Expect” と “Look forward to”の使い方、間違っていませんか?

みなさま、こんにちは。

本日は “Expect” と “Look forward to”の違いをご説明いたします。

“Look forward to”はe-mailなどで、「お会いできるのを楽しみにしています」や「お返事をお待ちしております」という使い方がよくありますが、文法を間違えて使っている方が意外に多いものです。

また、“Expect” も辞書で調べると「期待する」とありますが、英語で使用するニュアンスとは異なりますので、適切な言葉を選びながらご紹介します。

 

Expect

辞書で“Expect” を引くと最初に出てくるのが、「期待する」ですが、英語の“Expect”の意味はどちらかというと「予期する」「推測する」「要求する」の意味が強いため、日本語の「~を期待する」の様なポジティブなイメージはありません。

それでは、適切な“Expect”の使い方と不適切な使い方を見ていきたいと思います。

適切
〇 I expect that the economy goes down soon, it may not be a good time to look for new job.
景気が悪くなると思うから、転職には良い時期ではないかもしれないね。

〇 Where is Tom? I expect he has forgotten the meeting.
トムはどこ? 彼はきっとミーティングがあること、忘れているわね。

不適切

× We expect that the demand for vehicles will increase and sales will better.

〇 We hope that the demand for vehicles will increase and sales will better.

間違えではありませんが、「我々は車の需要が増し、売り上げが上がるのを期待している」という意味ですので、Hopeの方が適切です。

× These new methods are expected.

〇 These new methods are promising.

「これらの新しい方法は期待されている」。これは完全にexpectを日本語に直訳した表現ですので不適切です。
代わりにpromising 「有望な」を使用し、「これらの新しい方法は有望だ」にしましょう。

 

Look forward to

Look forward toは未来に計画をしている、うれしい・楽しみにしている事を表す時に使用します。

Thank you very much for your time today. I am looking forward to meeting you next Monday.
本日はお時間を頂き、ありがとうございました。また来週月曜日にお会いできるのを、楽しみにしております。

We look forward to a successful working relationship in the future.
今後、良いビジネスパートナーになれる事を楽しみにしています(期待しています)。

I look forward to receiving an invitation for an interview.
面接にお呼び頂けることを心待ちにしております。

皆さんが意外と間違えていることですが、“look forward to”の後には必ず名詞か動詞のingが続きますので、I am looking forward to see you soonやI am looking forward to hear from you soon.とはなりません。

また、 “I look forward to…”は“I’m looking forward to…”より丁寧(フォーマル)なのはご存知でしたか? 

最初にメールを送る時や面接のカバーレター等には、“I look forward to…”にする事をお勧めいたします。

 

まとめ

”Expect” を英→英辞典で調べると、「to think or believe that something will happen or that somebody will do something」とあり、日本語の「期待する」とは意味が違いますね。特にビジネス英語を学んでいる方には、英→日辞典ではなく、英→英辞典を使用することをお勧めいたします。

The following two tabs change content below.

SachiyoFujimori

2歳から5年程を東南アジアで過ごし、その後も海外を渡り歩くがやはり日本が一番と実感。現在は東京の製薬会社で主に翻訳を担当。 英語の交渉事はお任せください。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。